「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【MVP&得点王揃い踏み】AFCチャンピオンズリーグの歴代名選手

2017 11/10 12:24dai06
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年得点王!キム・ドフンは爆撃機と呼ばれた!

2003年のAFCチャンピオンズリーグで得点王となったのが、キム・ドフン氏(以下、敬称略)だ。生年月日は1970年7月21日。

彼は当時、城南FC(以下、城南)でプレーしており、大会で9得点を挙げた。城南はこの大会で優勝することはできなかったものの、キムは大活躍だった。「爆撃機」の愛称を疑いのないものとする、強烈なゴールを連発していた。

なかでも、城南はグループステージ1stレグで対戦した、タイのオーソットサパー・サラブリーFCに6-0と完勝。そのうちの3得点をキムが決めており、爆発的な攻撃力を披露した。チームは幸先のよいスタートを切り、グループステージを2位で通過している。

キムは2005年までプレーし、その後は監督になっている。監督業ではなかなか上手くいかず、いくつかのクラブを転々とするが、2017年には蔚山現代FCの監督となり、同年のAFCチャンピオンズリーグでグループステージに進出している。
残念ながら敗退してしまったが、監督となったキムをAFCチャンピオンズリーグで観られる機会がまたやってくるかもしれない。

2005年得点王!モハメド・カロンはレンタルでの加入だった!

2005年にはアル・イテハドでプレーしていたモハメド・カロン選手(以下、敬称略)が、6得点で得点王となった。生年月日は1979年10月26日だ。

彼はシエラレオネの出身であり、同国の代表でも活躍した選手だ。シエラレオネから誕生した選手のなかではスター選手ともいうべき存在で、1995年にはインテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)にも加入している。

インテルでは定位置を得ることができず、ASモナコに移籍。その後、アル・イテハドにレンタルに出され、AFCチャンピオンズリーグでの活躍に至るわけだ。アル・イテハドはこの2003年にAFCチャンピオンズリーグを制している。
当時、レンタルでやってきた選手が、ここまでのサプライズを起こすとは誰も思っていなかっただろう。ちなみに、愛称は「ワンダー・ボーイ」だ。

その後は自らがオーナーを務める、カロンFCなどでプレーしているようだ。

おすすめの記事