「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ドイツの至宝】マリオ・ゲッツェが過ごす栄光と挫折の狭間

2017 11/10 12:24dai06
マリオ・ゲッツェ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムントの顔でありドイツの顔!マリオ・ゲッツェ

マリオ・ゲッツェ選手(以下、敬称略)は、1992年6月3日生まれ。BVボルシア09e.V.ドルトムント(以下、ドルトムント)のユースに所属。8歳の時から黄色のユニフォームに袖を通し、2009-10シーズンに遂にトップチームに合流した。

小さな頃から才能の片鱗を覗かせていたゲッツェだったが、トップチーム入りを果たしてからはさらにその成長が加速した。
2010-11シーズンには、日本の香川真司選手(以下、敬称略)の穴を埋める形で、コンスタントな出場機会に恵まれドルトムントのトップ下および右サイドでスタメンに定着した。なお、このシーズンには6ゴール15アシストを記録。クラブはリーグを制した。

この時のゲッツェはまだ18歳。ドルトムントの顔から、一躍ドイツの顔として注目される素晴らしい選手になった。

マドリードは黄色のクラブが苦手

ドルトムントの黄金時代は前述の2010-13シーズンの3シーズンだったように思う。

2010-12シーズンは、ライバルであるFCバイエルン・ミュンヘン(以下、バイエルン)を抑えてリーグを2連覇。当時のバイエルンは決して弱いわけではなかったのだが、ドルトムントの好調を止めることはできなかった。

2012-13シーズンは、リーグ制覇を逃しこそはしたものの、CLでは大躍進を果たす。レアル・マドリードCF(以下、マドリード)やマンチェスター・シティFCといった強豪居並ぶグループを1位で通過し、決勝トーナメントで再びマドリードと対峙するが、これも撃破する。決勝でバイエルンに敗れて優勝を逃すも、サポーターはこの出来に大興奮した。
そして、このマドリードの敗北は、あるジンクスを生むきっかけとなる。

時を経て、2016-17シーズンの序盤。マドリードはリーグを16連勝していたが、この記録はビジャレアルCF戦での引き分けでストップした。その直後のUDラス・パルマス戦でも引き分けとなってしまい、散々な結果となった。
どちらのクラブもクラブカラーは黄色。ドルトムントと同じだ。
このことを受け、ドルトムントの公式SNSは、CLでのマドリードとの再びの対戦に際してこうつぶやいた。 「最近は黄色のチームに苦戦しているみたいだね?」と。これでマドリードと黄色のクラブとのジンクス完成した。

おすすめの記事