「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【通せんぼ】ネマニャ・マティッチという世界最高峰のフィルター

2017 11/10 12:24dai06
ネマニャ・マティッチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

マティッチとチェルシーとの出会い

ネマニャ・マティッチ選手は1988年8月1日生まれ。セルビアとスロバキアの国籍を持つ守備的MFだ。

代表はセルビアを選択しており、ユースとして入団したのもセルビアのイェディンストヴォ・ウブというクラブだった。ちなみにセルビアの名門であるバルチザン・ベオグラードのユースに入っていたこともあり、やはりセルビア発の選手といえるだろう。

プロデビューしたのは前者のクラブで、その後はスロバキアのFCVSSコシツェに加入。2009年にはスロバキア・カップ(スロヴェンスキー・ポハール)を制した。
このクラブでの活躍が認められ、2009-10シーズンの夏の移籍市場でチェルシーFC(以下、チェルシー)に加入した。チェルシーには同胞のブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ選手(以下、敬称略)がおり、親交を深めた。
2014年のチェルシー復帰時には、イヴァノヴィッチはマティッチを称賛。「ゲームをコントロールでき、攻守にわたって起点となれる選手だ」とプレーにふれるとともに、「以前から僕は彼と仲が良い。兄弟が戻ってきてくれたように感じている」とコメントしている。

この偉大な先輩がいるチェルシーでの日々は、順風満帆かと思われた。

移籍の背景とベンフィカでの日々

新天地での期待とは裏腹に、マティッチはSLベンフィカ(以下、ベンフィカ)に移籍することになる。

2010-11シーズンには、まずオランダのSBVフィテッセ(以下、フィテッセ)へレンタル移籍。フィテッセのオーナーはチェルシーのオーナーであるロマン・アブラモヴィッチと親交があり、フィテッセはチェルシーの選手達の武者修行の場となっていた。
マティッチもこのフィテッセへのレンタルで出場機会を得るが、シーズン途中にチェルシーがベンフィカからダビド・ルイス選手(以下、敬称略)を獲得。この移籍には、マティッチの譲渡が条約に盛り込まれていたことから、マティッチはやむなくベンフィカに移籍することになる。

チェルシー側の事情でやってくることになったベンフィカではあったが、マティッチはここでブレイクする。攻撃力のあるベンフィカにおいて、中盤でゲームをコントロールできる選手となった。2011-14シーズンまでベンフィカに在籍したのだが、2012-13シーズンにはポルトガルの年間最優秀選手に輝いている。

おすすめの記事