「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年夏】プレミアリーグ強豪クラブの課題と補強通信簿

2017 10/13 10:05dai06
プレミアリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

王者チェルシーとジエゴ・コスタの憂鬱

2016-17シーズンのプレミアリーグを、圧倒的な強さで制したのがチェルシーFC(以下、チェルシー)だった。
アントニオ・コンテ監督(以下、敬称略)の敷いた3バックの布陣は、攻撃でも守備でも圧倒的な勝負強さを披露し、プレミアリーグに新たな風を巻き起こした。

その一方で全体的な層の薄さに悩まされ、チャンピオンズリーグを戦わなくてはならない2017-18シーズンの補強は、必要不可欠であった。
さらに得点を量産するスペイン代表FW、ジエゴ・コスタ選手(以下、敬称略)とコンテの不仲は公となり、コスタはストライキ状態になってしまった。

この夏のチェルシーはいくつものタスクを携えて臨んだ。
そのなかで獲得したアルバロ・モラタ選手の獲得は、今のところ成功と言えそうだ。
チェルシーが大金をはたいて買ったフォワードというと、フェルナンド・トーレス選手(以下、敬称略)、前述のコスタなどが挙げられる。しかし、「チェルシーが獲得するスペインのフォワードは、何らかの問題を抱える」といったジンクスも囁かれる。モラタの場合は、コスタのようなメンタル的な問題を抱えるというよりは、トーレスのように得点を挙げられないことを不安視されていた。

しかし、開幕から順調に得点を重ねており、4試合で3得点。プレミアリーグ初挑戦にしては、十分な出来だ。前線からの守備貢献にも目を見張るものがある。

薄かったセンターバックにはアントニオ・リュディガー選手、ウィングバックにはアンドレア・ザッパコスタ選手、中盤にティエムエ・バカヨコ選手、ダニー・ドリンクウォーター選手らを加えた。

なんとかチャンピオンズリーグを戦えそうなメンバーを加えたチェルシーだが、コンテとクラブのフロントの間では意見の食い違いがあるようで、スピード感のある補強とはいかなかった。今後より一層コンテの手腕が試されそうだ。

コンパクト補強でも破壊力は抜群!マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)の補強は、非常にコンパクトに収まった。

必要な箇所に惜しげもなく大金を投じ、チームの柱となるメンバーを揃えることに成功した。監督であるジョゼ・モウリーニョ監督(以下、敬称略)の持つカリスマ性も、選手の獲得成功を支えた。

特にチェルシーも動向を探っていたロメル・ルカク選手の獲得と、同じくチェルシーの中盤を引き締めていたネマニャ・マティッチ選手の獲得は評価すべき点だ。結果的にライバルの補強の妨害と戦力ダウンに成功している。しかも彼らはチームに問題なくフィットし、すでにユナイテッドに欠かせない存在となっている。

不振のシーズンが続いてきたユナイテッドにとって、チームの主軸となる選手と監督の存在は必要不可欠だ。彼らとモウリーニョであれば、栄光の時間を取り戻すことも可能だろう。モウリーニョの「2年目で優勝」のジンクスも強力だ。

おすすめの記事