「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【カンテラの最高傑作】天才アンドレス・イニエスタとバルセロナ

2017 10/13 10:05dai06
アンドレス・イニエスタ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドレス・イニエスタとバルセロナの出会い

アンドレス・イニエスタ選手(以下、敬称略)は、1984年5月11日にスペインのフエンテアルビージャという小さな町に生まれた。フエンテアルビージャは塩の生産が有名で大きな塩田がいくつもある。2010年以降の人口は約2000人あたりを推移している。

イニエスタは8歳の頃に、地元クラブのアルバセテ・バロンビエのカンテラ(下部組織)に入団した。このクラブは、2017-18シーズンはスペインの2部に相当するリーグでプレーしている。
ここで腕を磨いたイニエスタは、12歳で出場した全国大会で一気に注目を集める。多くのクラブが彼の獲得を狙うなか、FCバルセロナ(以下、バルセロナ)のライバルであるレアル・マドリードCF(以下、マドリード)も彼の獲得に動いた。

結局イニエスタの両親がマドリード入りを受け入れず、見学の際に印象の良かったバルセロナのカンテラに入団することになる。バルセロナはラ・マシアと呼ばれる下部組織の寮があるのだが、おとなしい性格のイニエスタは度々ホームシックにかかり、苦労しながら生活したようだ。

シャビとグアルディオラとの出会い

U15のチームでキャプテンを務めるようになると、1999年にナイキ・プレミア・カップに出場。この大会は、世界各地のクラブから若手ばかりが集まる。イニエスタは決勝戦でロスタイムにゴールを挙げ、チームを優勝に導いた。
この活躍が認められたイニエスタは、同大会の最優秀選手となる。彼にはバルセロナのトップチームでプレーしていた、後のジョゼップ・グアルディオラ監督(以下、敬称略)からトロフィーが送られた。

この時グアルディオラは、同じくバルセロナでプレーするシャビ・エルナンデス選手(以下、敬称略)に対し、「きっと君(シャビ)は俺を引退に追い込むのだろうが、あの子ども(イニエスタ)は俺達2人ともを引退に追い込むかもしれないな」と語ったという。グアルディオラはシャビとイニエスタ、カンテラが生んだ2人の才能を見抜いていたのだ。

イニエスタとシャビとグアルディオラ。やがてこの3人は、後のバルセロナを黄金時代に導く立役者となる。

おすすめの記事