「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【白に誓った勝利】セルヒオ・ラモスの戦いはこれからも

2017 10/13 10:05dai06
セルヒオ・ラモス選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

セルヒオ・ラモスとアントニオ・プエルタの絆

セルヒオ・ラモス選手(以下、敬称略)は、今でこそレアル・マドリードCF(以下、マドリード)の選手としてのイメージが強いが、元はセビージャFC(以下、セビージャ)の選手だ。

1986年3月30日にセビリアで生を受け、8歳の頃に地元クラブのセビージャに入団。若くして亡くなったアントニオ・プエルタ選手(以下、敬称略)、スピードのあるドリブラー、ヘスス・ナバス選手らとしのぎを削った。

プエルタはラモスと同様にセビージャの下部組織でプレーし、トップチームにデビューした選手だ。
しかし、2007‐08シーズンの開幕戦で試合中に意識を失ってピッチに倒れ込んだ。その時は懸命な処置により意識を取り戻し、自らの足でピッチを後にしたが、ロッカールームに向かう際に再び意識を失った。多くのチームメイトやサポーターが懸命に回復を祈るも、3日後には息を引き取った。22歳だった。死因は心筋症の一種であり、プエルタは以前から心臓に不調を抱えていたという。

ラモスは彼の親友でプレーするポジションも近かったこともあり、大いに悲しんだ。
スペイン代表として臨んだEURO2008では彼が使用していた背番号15を着用し、優勝を経験。プエルタの写真と、「いつも共にいる」というメッセージ入りTシャツで祝った。

その後も、コンフェデレーションズカップ2009、EURO2012などでもプエルタを偲んだ。ラモスが勝利を重ねる原動力には、プエルタという親友の存在がいつもあるのだ。

白い巨人!マドリードに移ったラモス

セビージャで着々と成長を遂げたラモスは、2005年に19歳という若さでマドリードに移籍する。その時に発生した移籍金は約32億円であり、10代の選手としては異例の価格だった。

マドリードに移籍してからは背番号4を着用し、徐々に出場機会を得るようになる。
マドリードは豊富な資金力を背景に、ファビオ・カンナバーロ氏やクリストフ・メッツェルダー氏、ペペ選手などDFの実力者を相次いで獲得した。
しかしラモスは、彼らの存在に追い出されることなく、ポジションを変えつつ存在感を発揮し続けた。時にはCBとして時にはSBとして、またある時は中盤の底でもプレーした。

どこでプレーしても遜色なく力を発揮するラモスは、重宝された。サッカー選手のユーティリティー性が求められる時代において、ラモスはその求めに間違いなく応えられる選手だ。

おすすめの記事