「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【苦悩する天才】フィリペ・コウチーニョ過去と未来

2017 10/13 10:05dai06
フィリペ・コウチーニョ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルが生んだ天才、フィリペ・コウチーニョ

フィリペ・コウチーニョ選手(以下、敬称略)は、1992年6月12日にブラジルのリオデジャネイロで生まれた。
このリオデジャネイロを本拠地とする名門クラブ、CRヴァスコ・ダ・ガマ(以下、ヴァスコ・ダ・ガマ)のユースに所属すると、一気に頭角を現した。16歳にして「次代のブラジルを背負う選手」といった評価を受け、多くのクラブが彼の獲得を計画。
最終的に彼を射とめたのは、セリエAのインテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)だった。インテルが彼の獲得のために支払った金額は、約6億円ほどとされている。

インテルはコウチーニョを獲得したものの、セリエAの年齢制限により試合に出場させることができなかった。結果的に彼は古巣のヴァスコ・ダ・ガマに留め置かれた。
2010年の夏からやっと正式にインテルの一員になると、少しずつ出場機会を得るようになり、2011年5月にはFKで移籍後初ゴールを飾った。
しかし彼が加入した前後のインテルは、セリエAの連覇に別れを告げ、改革の真っ最中だった。若いコウチーニョに出場機会を約束することはできず、2012年の冬の市場でRCDエスパニョール(以下、エスパニョール)にレンタルに出される。
スペインのサッカーはブラジル人選手の気質にも合いやすいとされ、コウチーニョはリーグ9試合のうちに4ゴールを挙げた。しかも当時のエスパニョールを率いていたのは、若手選手の扱いに長けるマウリシオ・ポチェッティーノ監督だ。彼はコウチーニョの才能を見抜いていた。

エスパニョールはコウチーニョを買い取ることを希望したが、コウチーニョはインテルに復帰することを選んだ。
彼はこの時、「アンドレア・ストラマッチョーニのサッカーの哲学が好きなんだ。彼はいつでも選手と対話する姿勢がある。彼の指導で成長できるといいね」と語った。

中盤もサイドもこなすコウチーニョのプレースタイル

コウチーニョは中盤でもサイドでもプレーできる選手だ。

ドリブルにおいては、非常に敏捷性が高くスペースを見つけるのがとても上手い。相手選手に囲まれていようとも、数ステップで相手を引き付けた後に一気に加速、あるいは身体を反転させて包囲を破る。
ボールの扱いがとても柔らかく、味方からのパスも足元で綺麗に収め、ドリブルを開始する。前述のドリブルスキルを活かして、相手選手を引き付けて味方の攻撃経路を確保、そこに鋭いパスを送ることもできる。

このコウチーニョの動きは、さすがブラジル人選手といったところだ。しかも彼は自身のプレーに驕ることがない。切り込めるところには自ら切り込み、味方にチャンスメイクできる時にはすんなりとボールを渡す。この球離れの良さこそ、コウチーニョを評価すべきポイントかもしれない。

おすすめの記事