「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ワンダーボーイ】アレクシス・サンチェス少年が見つけた光

2017 10/13 10:05dai06
アレクシス・サンチェス選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

貧しかった少年時代を乗り越えて

アレクシス・サンチェス選手(以下、敬称略)は、1988年12月19日生まれのFWだ。
生まれも育ちもチリの北部トコピジャ。トコピジャは起伏が激しい乾燥地帯で、人々が暮らすのには厳しい地域だ。貧しい家庭も多く、生活に苦労している人々が多い。サンチェス自身も父親のいない貧しい家庭に育ち、かなり苦労したようだ。
それでも地元の人々には「アルディージャ(リスの意)」と呼ばれて親しまれており、ストリートサッカーに精を出した。時には得意技の宙返りを大人に披露し、小銭を稼ぐこともあったようだ。アルディージャの愛称からも、とても愛想の良い子どもであったことが窺える。

15歳の頃には、地元のクラブであるCDコブレロアの下部組織に加入。練習後にはアルバイトをしながら腕を磨き、2005年、16歳の頃にはプロの選手になった。
代表ではU17の南米大会で活躍し、2006年にはセリエAのウディネーゼ・カルチョが共同保有権を獲得。チリの名門であるCSDコロコロや、アルゼンチンの名門であるCAリーベルト・プレートを渡り歩きながら、世界のどのリーグにも通用する選手となる。

彼の適応力の高さを、多くのクラブが評価し獲得を狙った。
2011年夏に複数のクラブが移籍先として名前が挙がるも、最終的に彼をものにしたのは、FCバルセロナ(以下、バルセロナ)だった。言わずと知れた、世界最高峰のクラブだ。移籍金はボーナス込みで約42億円。バルセロナは満を持してサンチェスを迎え入れた。

バルセロナでの活躍とサンチェスのプレースタイル

バルセロナに渡ったサンチェスは、持ち前の高い攻撃センスを披露した。加入した2011-12シーズンはポジション争いに苦しむなかで、公式戦41試合に出場し15得点を記録。
生え抜きであるリオネル・メッシ選手やペドロ・ロドリゲス選手、ダビド・ビジャ選手(いずれも以下、敬称略)らと厚みのある攻撃陣を形成した。

当時のバルセロナは、ジョゼップ・グアルディオラ監督(以下、敬称略)の下で高水準のポゼッションサッカーを披露していた。サンチェス自身も攻撃だけでなく、優れたゲームメイク力を発揮し重要な選手に成長した。

彼はボールを持てば足に吸い付くようなドリブルを披露した。身体の反転や相手を抜く仕草には無駄がなく、スルスルと前へ攻め上がることができる。
ゴール前に迫れば前述の通り味方に綺麗なパスを送ったり、自身で果敢にシュートを狙っていく。しかもそのシュートはコントロールした場合には鋭く曲がり、思い切り振り抜けば勢いよく飛んでいく。
コースの選定もとても上手く、ドリブルで相手を引きつけた方向とは逆の方向にシュートを放つことも可能だ。

幼い頃から活躍して得た「ワンダーボーイ」の愛称は、ここにきて本物になった。不遇の少年時代を経て、サンチェスはバルセロナで光を見た。

おすすめの記事