「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ダービーマッチを知ろう ドイツ・ブンデスリーガ編

2017 9/13 14:03跳ねる柑橘
サッカー、バイエルン・ミュンヘン、ドルトムント
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー・マッチ:プライドが激突する特別な一戦

「ダービー」と聞くと何を思い浮かべるだろう?イギリスの都市名や競走馬のレース、またチーズの種類にもダービーというものがある。サッカーの世界でのダービーとは、「熱狂」を象徴する言葉だ。本拠地を隣り合わせにするクラブがその地の覇権を争う一戦や、あるいは伝統的なライバルクラブとの決戦、それがダービー・マッチなのだ。

今回ご紹介するのは、観客動員数で世界1位のサッカーリーグであるドイツのブンデスリーガで行われるダービー・マッチだ。これまでに日本人選手が多く挑戦してきたこのリーグには、どのようなダービーがあるのだろう。

勇猛果敢なドイツサッカーはローカルダービーが多い

ドイツサッカーの特徴を一言で言うなら、勇猛果敢ということになる。どんな劣勢に置かれても、決してあきらめないドイツ人の屈強な体躯に宿る強い精神力は「ゲルマン魂」とも形容されることがある。そして高い規律や勤勉さゆえに、戦術理解度が高い選手が多い。ここが日本人と共通しているとも言われており、実際に多くの日本人選手がブンデスリーガで活躍してきた。

そんなブンデスリーガだがダービーという側面で見てみると、同一都市内でのダービーが少ない。どこの都市にも複数のクラブがあり、そこはヨーロッパの他国と共通する。しかし、ある1クラブが強豪で他方が2部リーグ以下の常連であることがほとんどで、スペインのマドリー・ダービーのようなものがブンデスリーガで行われることはほとんどない。その代り、地域内の覇権争いとなるローカルダービーが大いに白熱する。今回はそんなローカルダービーを取り上げる。

おすすめの記事