「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【華麗なるアフロ】緩急のあるブラジル人ドリブラー、ウィリアン

2017 9/13 14:03dada
ウィリアン選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

華麗なるアフロは世界を相手にする

ウィリアン選手(以下、敬称略)は、1988年8月9日生まれのブラジル人選手。同国の名門SCコリンチャンス・パウリスタ(以下、コリンチャンス)のユースで育ち、2007年には海外へと渡った。

海外初挑戦となるクラブは、ウクライナの名門FCシャフタール・ドネツク(以下、シャフタール)だった。シャフタールにおいては、CLのASローマ戦などで技ありのループシュートを決めるなど、大一番で活躍し、スタメンに定着した。

ウィリアンのトレードマークはボリュームのあるアフロヘアだが、シャフタール時代にはドレッドヘアにしていたこともあるようで、近年のウィリアンとはちょっと違ったイメージかもしれない。

その後、2013年にロシアのFCアンジ・マハチカラ(以下、アンジ・マハチカラ)に移籍し、あのサミュエル・エトオともプレーした。
アンジ・マハチカラはロシア国内でも強豪のクラブだが、ウィリアンが移籍したシーズンに経営が悪化。クラブの縮小を余儀なくされた。
高給取りの選手はいずれも放出され、選手を獲得する際にはごくごく限られた資金内でしか動くことができなくなった。アンジ・マハチカラはこのシーズンで初勝利を挙げるまでに20試合を要し、成績も振るわずに2部リーグへの降格が決定した。

ウィリアンもこの方針転換を受け、英国ロンドンの強豪チェルシーFC(以下、チェルシー)への移籍が決定した。いよいよ世界でトップクラスのリーグでのプレーが始まる。

緩急のある技ありドリブラー!ウィリアンのプレースタイル

ウィリアンは緩急のあるドリブルを得意とし、キャリアを通してピッチの中央やサイドで影響力を発揮してきた。
ボールを持てば急加速し相手陣営を切り崩していく。相手選手との間合いを図ることが得意で、抜けない時にはキュッとブレーキをかけ、1対1の対決に臨む。そこでキックフェイントを入れたり、身体を前へ後ろへと反転させたりすることで、相手選手に綻びをつくらせる。そして綻びを決して見逃すことなく、また一気に加速し抜くことができる。ブラジル人特有の超絶技巧だけに頼るのではなく、多様な崩し方を持っているのがウィリアンなのだ。

また、周囲を見渡せる能力も高いためドリブルを織り交ぜつつのゲームメイク、そして美しく曲がるFKも得意とする。いくつも攻撃のパターンを持つウィリアンは、相手選手のマークを混乱させ味方の攻撃も引き出すことができる、技ありのドリブラーだ。

そのため、攻撃が停滞している時には、ウィリアンにボールが託されることも多い。チェルシーのサイドアタッカーといえば、エデン・アザール選手(以下、敬称略)の名前が挙げられることが多いが、このウィリアンの攻撃にもぜひ注目してもらいたい。

おすすめの記事