「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【優勝するのは誰だ】リーガ・エスパニョーラで注目すべき監督に迫る!

2017 8/25 10:07dada
Ernesto Valverde
このエントリーをはてなブックマークに追加

帰ってきたレジェンド!ジネディーヌ・ジダンが持つ3つの力

「白い巨人」で愛称で知られるレアル・マドリードCF(以下、マドリード)を率いているのが、ジネディーヌ・ジダン監督(以下、敬称略)だ。

ジダンは現役時代にマドリードでのプレー経験があり、「銀河系軍団」と呼ばれた陣容の一員だった。そのなかでもジダンの存在は飛び抜けて目立っており、いくつもの美しいパスとゴールを量産した。マドリードの躍進に欠かせない存在だった。

そのジダンは現役を退き、監督としてマドリードに戻ってきた。銀河系軍団とは呼ばれないながらも、現在のマドリードにも多くのスター選手が所属している。
前任のラファエル・ベニテス監督は、彼らの手綱を上手く引くことができずあっけなく解任されてしまった。そんな状況下で2015-16シーズンの途中、急遽就任が決まったのがジダンだった。

ジダンはそのシーズンのCLを制すると、2016-17シーズンは所属する多くのスター選手でローテーション制をとり、常に選手が最も良い状態で試合に臨めるように起用をしていった。その甲斐もあり、マドリードはリーグを制覇、CLでは連覇を成し遂げ、世界最高峰のクラブとしての位置付けをより強固なものとした。

クラブと相思相愛の関係を築くジダンは、これからもマドリードの監督として采配を振るうのだろう。
彼にはそれを可能にするだけの采配力、求心力、カリスマ性が備わっている。宿敵であるFCバルセロナ(以下、バルセロナ)やアトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)に対しても、サポーターと一丸となり臆することなく挑む。その瞬間、本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウは独特の雰囲気に包まれる。

真価が試される新監督!エルネスト・バルベルデとは

2017-18シーズンよりバルセロナの監督を務めることになったのが、エルネスト・バルベルデ監督(以下、敬称略)だ。

バルベルデは、バルセロナ就任以前にアスレティック・ビルバオ(以下、ビルバオ)の監督を4年間務めていた。
ビルバオは「バスク純血主義」を掲げるクラブで、常に限られた選手たちで構成される独特なクラブだ。バルベルデはこのビルバオに2013-14に就任しているのだが、これは2回目のことであった。
2回目の指揮でバルベルデは真価を発揮した。中盤にはムニアイン選手、イトゥラスペ選手らゲームメイクに優れる選手を置き、トップにはアリツ・アドゥリス選手、フェルナンド・ジョレンテ選手といった空中戦に絶対の自信を持つ選手を配置した。

結果、2013-14シーズンからの4年間で、リーグ4位、7位、5位、7位と、度重なる1桁台でのフィニッシュに成功し、それまで中位以下でのフィニッシュが当たり前だったビルバオを強豪に押し上げた。

また、バルベルデは出場試合数は限られるものの、現役時代にバルセロナでのプレー経験もある。こういった彼の手腕とキャリアを評価し、バルセロナは彼を招聘したのだろう。

バルセロナには前述のマドリード同様に多くのスター選手がいる。前任のルイス・エンリケ監督は縦に速いバルセロナを作り上げ退任した。バルベルデはこのエンリケの遺産を活かしつつも、持ち味である巧みな選手起用を行っていくことだろう。

2016-17シーズンのバルセロナは、タイトルにあまり恵まれなかった。このような事態はバルセロナにあってはならない。バルベルデに課せられた使命は就任1年目から大変大きなものだが、これを達成しないわけにはいかないだろう。世界中のサッカーファンが彼の力に注目している。

おすすめの記事