「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【伝統と革新が息をする】セリエAで注目すべき監督に迫る!

2017 8/25 10:07dada
Massimiliano Allegri
このエントリーをはてなブックマークに追加

強過ぎるというマンネリ脱却へ!マッシミリアーノ・アッレグリ

セリエAで圧倒的な強さを誇るのがユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)だ。2016-17シーズン終了時には遂にリーグタイトル(スクテッド)の6連覇を達成。CLでも上位に食い込むなど、イタリアのクラブでは圧倒的な強さを誇っている。

そのユヴェントスを2014-15シーズンから率いているのが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督(以下、敬称略)だ。彼は前任のアントニオ・コンテ監督(以下、敬称略)の急遽の退任を受け招聘された。
ライバルクラブであるACミラン(以下、ミラン)からやってきたために、この選択に異議を唱えるサポーターも多かったが、その声は見事な采配によってかき消された。

コンテ譲り、いやイタリアに根付く3バックシステムを巧みに操り、堅い守備と速い攻撃を展開していった。経験豊富なサミ・ケディラ選手、マリオ・マンジュキッチ選手(以下、敬称略)らベテランを軸に据えながら、パウロ・ディバラ選手(以下、敬称略)といった若手も起用した。

しかし、アッレグリはコンテより受け継がれてきた3バックシステムを2017年に入り変化させた。突如として4-2-3-1システムを使い始め、新しい風を吹かせ始めたのだ。
本来はトップの位置に置くべきマンジュキッチをサイドに置いたり、スピードが一番の持ち味であるディバラをトップ下に置いたりと、変化に富む布陣で戦い方の刷新を図っているように思える。

ユヴェントスは国内での名誉と強さに揺るぎはない。この強さにマンネリを感じるくらいだ。
だがその一方で、CLなどの国際的な大舞台では、あと一歩という惜しい結果が続いている。今のユヴェントスに必要なのは、アッレグリが実践しているように戦い方の多様性を育てていくことだろう。海外のクラブと戦っていくには、一辺倒の戦い方ではいけないことは重々承知だ。

アッレグリの挑戦はまだまだ続く。

中田英寿とも同僚だった!エウゼビオ・ディ・フランチェスコ

ASローマ(以下、ローマ)は転換期を迎えている。
2016-17シーズン終了をもって、クラブの生ける伝説であったフランチェスコ・トッティ選手(以下、敬称略)が退団を表明し、一つの時代が終わった。
クラブは常に彼とともにあった。 ピッチでの彼のプレーは素晴らしいが、彼の発言により監督の去就が慌ただしくなることや、采配を巡ってトラブルになることもあった。「トッティ=ローマ」、影響力絶大な彼をそう表現しても間違いではないだろう。

それまでローマを率いていた、ルチアーノ・スパレッティ監督も同じタイミングで退任し、後任には日本の中田英寿氏とも同僚であったクラブOB、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(以下、敬称略)が就任した。
ディ・フランチェスコは、いくつからのクラブで監督をこなしてきたが、極めて流動的でアグレッシブなサッカーを展開していくことで知られる。USサッスオーロ・カルチョを指揮していた頃は、選手たちに激しいプレッシングを求めた。他クラブの大物選手たちを潰すためにFWまでもが守備に参加し、これだけのハードワークをこなすのは、肉体的に厳しいものがある。
事実、ディ・フランチェスコはFW陣を固定することなく、ローテーションを組むような形で起用することが多い。

トッティが去った今、ローマの選手起用のあり方は極めて自由だ。多くの選手がディ・フランチェスコの下で出場機会を与えられ、ブレイクする予感がする。

おすすめの記事