「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【サッカー】ブレイク間近の有名選手2世たちに注目するなら今!

2017 8/25 10:07dada
zidane
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大過ぎる父親の存在と息子!エンツォ・ジダン

1990年代から2000年代のサッカー界でも群を抜いた才能を誇っていたのが、ジネディーヌ・ジダン監督(以下、敬称略)である。ジダンはピッチにおいて唯一無二の存在だった。華麗なマルセイユルーレット、長短、何を蹴らせても正確なパス、どんなDFやGKでも、ものともしないシュート精度。何をさせてもサッカーにおいて、ジダンは最高レベルにあった。彼は当時のサッカーファンにとってのアイドルだったのだ。

そんなジダンも現役を退き、レアル・マドリードCF(以下、マドリード)の監督を務めるまでに時間が経過した。
彼には4人の息子がおり、いずれもマドリードの下部組織へ加入した。
長男のエンツォ・ジダン選手(以下、敬称略)は、父の監督就任とともにトップチームに引き上げられ、トップチームデビューを果たしている。

だが、マドリードのトップチームに定着するのは並大抵のことではない。
1995年生まれのエンツォは、若いとはいってもそろそろ先を見据えていかなければならない年齢だ。マドリードのトップチームにはスタメンにも控えにも一流の選手たちが揃う。経験に乏しいエンツィオのキャリアがマドリードで花開くことは難しそうだった。

そこで彼は2017-18シーズンより、デポルティーボ・アラベス(以下、アラベス)でのプレーが決定した。アラベスはマドリードと比べれば戦力面でかなり劣るクラブかもしれない。それでもエンツィオの成長にとって大切なのは出場機会だ。3年契約という短めの契約は、アラベスから移籍する際の足取りを軽くするに違いない。

エンツィオは父ほどではないが、ドリブルとパスの技術に長けている。ドリブルで敵をいなし鮮やかにボールを回す様子は、時折父の影を感じる。

偉大過ぎる父を持ったが故に、彼にかかるプレッシャーは計り知れない。しかし、それでも彼の成長への期待を禁じ得ないのは、罪なことだろうか。

疾走する超新星!ジャスティン・クライファート

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)などで活躍したパトリック・クライファート氏を覚えているだろうか。 彼には顔のそっくりな息子、ジャスティン・クライファート選手(以下、敬称略)という息子がいる。だが、そっくりなのは顔だけで、背格好やプレースタイルはかなり違う。

父はFWはFWでもセンターの位置でプレーする選手だった。身長188cmと大柄ながら、吸いつくようなトラップと鮮やかなドリブルで相手を抜き去り、目の覚めるようなゴールを次々と生み出した。彼の豪快なプレーは多くの観客を沸かせ夢中にさせた。

息子のジャスティンの方は、サイドアタッカーを務めることが多い。つまりはWGだ。1999年生まれとまだ若い彼ではあるが、その身長は170㎝と小柄で、プレースタイルはスピード感あるドリブルでのサイド突破、そして中央の味方に向けて送られる速いショートパスを持ち味とする。
父とはかなり違ったプレースタイルだが、前へ向かう推進力では見劣りしない。

親子ともにAFCアヤックス(以下、アヤックス)で育った彼らを観るサポーターは、一体どんな心持ちなのだろうか。もしかすると家族のような雰囲気を感じるのかもしれない。それだけジャスティンに大きな期待が寄せられており、ジャスティン自身もその期待に応え、才能を輝かせつつある。

しかし幸か不幸か。アヤックスには才能溢れる若者が大勢存在する。そのなかから一歩抜きんでるのは極めて難しいことだが、ジャスティンならできるのではないか。育成上手のアヤックスには、ぜひともこの逸材を上手に育ててほしい。

おすすめの記事