「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【アーセナルを変える者】ヴェンゲル期待のアレクサンドル・ラカゼット

2017 8/25 10:07dada
Lacazette 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグ・アンで積んできた実績!恐ろしいほどの得点力

フランス、リーグ・アンでの名門クラブであるオリンピック・リヨン(以下、リヨン)で育ったアレクサンドル・ラカゼット選手(以下、敬称略)は同クラブのスター的存在だった。
生え抜きで毎シーズン当たり前のように得点を積み上げ続ける姿は、サポーターたちの目を釘付けにするのには十分過ぎた。

彼のリーグ・アンでの得点記録を少し振り返ってみよう。
2014-15シーズンは33試合で27得点、2015-16シーズンは34試合で21得点、2016-17シーズンは30試合で28得点を挙げた。これまでに大きな負傷もなく、安定的に得点を重ねられる力は評価されてしかるべきだ。これまでの彼のリーグ通算得点数174は、リヨンの最多得点記録のトップを飾っている。

こういった活躍から、彼は幾度となく国外への挑戦が噂されるようになった。
リーグ・アンもレベルの高いリーグではあるが、全体的なレベルを鑑みるとプレミアリーグやブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラといったリーグの方が上にあるのが現状だ。ラカゼットもそれらのクラブへの移籍が危惧された。

そしてそれは2017年夏、現実のものとなった。

遂にプレミアに上陸!アーセナルのストライカー問題は解決か

ラカゼットは様々なクラブから関心を寄せられるも、同胞であるアーセン・ヴェンゲル監督(以下、敬称略)率いるアーセナルFC(以下、アーセナル)へ移籍した。

アーセナルは長らくストライカー探しに苦慮していた。前線でボールを託せば、必ずゴールに迫ることができるような頼りになる選手だ。サッカーは早い話、点さえとれれば勝てる可能性が高い。故に、多くのクラブがFWの獲得に多額の資金を投じる。
アーセナルは2016年の夏にルーカス・ペレス選手を約20億円で獲得していた。彼はその前のシーズンにリーガ・エスパニョーラで17得点を挙げていた。シュートのパターンに富む彼には、どんな局面でも得点を積み上げていくことが期待された。
しかし、アーセナルに移ってからは、そのスタイルに順応することができず、満足に得点を挙げることもできなかった。

結局アーセナルはオリヴィエ・ジルー選手(以下、敬称略)にトップの位置を託すことになるのだが、そのジルーにしてもエースと言えるような働きを見せることはできていない。アーセナルの得点力は、サイドで躍動するアレクシス・サンチェス選手(以下、敬称略)に任せっきりとなっていた。

そこにやってきたのがラカゼットだ。ラカゼット獲得には約68億円もの資金が投じられ、アーセナルのクラブ史上最高額での獲得となった。
今回のアーセナルのストライカー獲得は、”本気”に違いない。ラカゼットには大きな期待が寄せられており、彼はこれに応えなくてはならない。
退団に際し多くの悲しもの声を寄せたリヨンサポーターのためにも、ラカゼットは新天地で躍動しなければならないのだ。

おすすめの記事