「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【武者修行は終わった】大型FWロメル・ルカクの躍進は止まらない

2017 8/25 10:07dada
romelu lukaku
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界を驚かせたルカクの移籍報道

2017-18シーズンより、ロメル・ルカク選手(以下、敬称略)はマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)でプレーすることが決定した。その金額は約110億円と報じられ、この夏大いに世界を騒がせた。
移籍することが発表されたのと同じタイミングで、騒音騒動を起こすというトラブルもあったが、そんなことは大したことではなかった。ユナイテッドの公式発表は世界中のサッカーファンの間を駆け巡り、この若き大型FWのキャリアに想いを馳せることとなった。前シーズンに大金でユナイテッドに戻っていた、親友のポール・ポグバ選手とオフを楽しむ姿も印象的で、この2人が築く新たなユナイテッドを予感させた。

そもそもルカクは、古巣であるチェルシーFC(以下、チェルシー)への移籍が有力視されていた。チェルシーは2016-17シーズンで素晴らしい試合を展開し、圧倒的な強さでリーグを制覇した。FWのジエゴ・コスタ選手の扱いに苦慮していたものの、前シーズンの活躍を引き合いに出しルカクの獲得を有利に運ぶこともできたはずだった。
現にルカクがチェルシーのスタッフと談笑する様子や、ルカクの練習風景が映し出された動画の一部にチェルシーのロゴが記されたパーティションが映る様子が報じられるなど、移籍は秒読みとまでされた。
ルカクの所属元であるエヴァートンFC(以下、エヴァートン)とチェルシーは過去の別の移籍交渉で因縁があったのだが、この問題を乗り越えての獲得交渉はチェルシーサポーターを期待させた。

だが、それは噂に過ぎなかった。最終的に選んだのはユナイテッドだった。

イブラヒモヴィッチの負傷で巡ってきたチャンス

前シーズンのユナイテッドは、ズラタン・イブラヒモヴィッチ選手(以下、敬称略)が攻撃陣を牽引した。当初はジョゼ・モウリーニョ監督(以下、敬称略)たっての願いでやってきたスーパーサブの位置付けともされた。

彼は世界の様々なクラブで結果を残してきたが、プレミアリーグは初挑戦。しかも30代半ばを迎えた彼に「世界一過酷とされるプレミアリーグでやっていけるのか」と心配する声も多かった。だが最終的にはリーグ28試合で17得点を挙げ、スタメンとして活躍を続けた。

しかし、そのイブラヒモヴィッチは、2017年4月のRSCアンデルレヒト(以下、アンデルレヒト)戦で負傷。靭帯を損傷し2017年内の復帰は困難となり、ユナイテッドと交わされていた1年間の契約延長オプションは破談。世界最高峰の点取り屋はフリーとなった。

かくしてルカクは、そのイブラヒモヴィッチの代役として急遽ユナイテッドのトップターゲットとなった。モウリーニョはチェルシーを指揮していた頃に彼を放出した張本人であるが、ルカクはこのモウリーニョの下でプレーすることを選んだ。サッカー界でも稀代のカリスマ監督とされるモウリーニョは、ユナイテッドにおいて絶対的な権限を持っている。選手を獲得することに関しても、資金をねん出するフロントに強く出ている。

また、選手に厳しいことで知られる彼だが、選手に見せているビジョンはいつも明確で野心に燃えている。タイトル獲得に向けてルカクが必要だということを、しっかりと彼自身に説き獲得に漕ぎつけたのだろう。

おすすめの記事