「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-17リーガ・エスパニョーラ優勝】レアル・マドリードCFを分析!

2017 8/3 12:07dada
レアル・マドリードCF旗
このエントリーをはてなブックマークに追加

これぞマドリード!レジェンドと歩んだ最高のシーズン

2016-17シーズンのレアル・マドリードCF(以下、マドリード)は、最高のシーズンを過ごした。 前シーズン途中から指揮をとるジネディーヌ・ジダン監督(以下、敬称略)が新鮮な気持ちで挑んだシーズンだった。
現有戦力をしっかりと保持しつつ、一つ下のカテゴリーであるレアル・マドリード・カスティージャからマリアーノ・ディアス選手をトップチームへ昇格。アルバロ・モラタ選手やルーカス・バスケス選手ら、控えの選手に一層の厚みをもたらしシーズンへ臨んだ。
シーズン終盤の第33節、未消化の試合を残しつつも宿敵FCバルセロナ(以下、バルセロナ)に敗れ一時は首位を奪われた。あわやという結果が予想されることもあったが、結局はリーグを制し、CLまでも圧倒的な強さで手中に収めた。
CLの連覇は史上初。しかも、その偉業がかつてのレジェンド、ジダンとともに成し遂げられたのだから、サポーターにとっては文句のつけようがない。実に12度目のCL制覇、最高のシーズンだった。

ジダンの編み出したローテーション術とマドリードの美学

このシーズンのジダンはローテーションを組んで戦いを続けた。
マドリードに所属する、実に20人にのぼる選手が、約1000分の時間プレーしていた。エースであるクリスティアーノ・ロナウド選手(以下、敬称略)はこれまで3000分台であることが通常だったが、このシーズンではリーグで約2500分しかプレーしていない。もちろん、これには加齢による衰えを考慮してのこともあるのかもしれないが、ロナウドは絶対で試合に出せば必ずと言って良いほど結果を出す。そのことを彼自身がわかっているし、プレー時間が伸びていないことを本人は快くは思わないはずだ。

だが、そんなロナウドを手懐けられるのもジダンのレジェンドたる所以だろう。ジダンはロナウドをしっかりと休ませながら、ここぞという場面では素晴らしいパフォーマンスを発揮させた。ロナウドはCLの決勝トーナメントでは2試合連続ハットトリックを決め、決勝戦のユヴェントスFC(以下、敬称略)相手にも2得点を挙げる活躍を見せた。
加齢が危惧される選手の扱いは難しいものだ。いくらクオリティが高くとも、そのクオリティを100%で出すことのできる時間は限られる。そのことは選手であったジダン自身がよくわかっているのだろう。

マドリードというクラブは常に勝利を求められる名門だ。負けることは許されないし、出し惜しみして不甲斐ない試合をサポーターに見せるわけにはいかない。
彼はこのマドリードに根付く美学を熟知していた。監督となり古巣に帰って来てからも、この美学を追及すべくローテーションという形で結果を出した。
前任のラファエル・ベニテス監督は、選手とサポーターらの心を掴むことができず短期間で解任されてしまった。彼は自身の解任を、後任のジダン就任の話を聞いて悟ったという話もある。何とも残念な話だ。

この轍をジダンは踏むことはないだろう。サポーターと選手の心も、そしてクラブの美学も彼とともにある。一致団結したマドリードに死角はなくなった。これから続く彼の長期政権の訪れを感じさせるようなシーズンだった。

おすすめの記事