「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-17ブンデスリーガ優勝】FCバイエルン・ミュンヘンを分析!

2017 8/3 12:07dada
FCバイエルン・ミュンヘン
このエントリーをはてなブックマークに追加

イレギュラーを跳ね返した王者

FCバイエルン・ミュンヘン(以下、バイエルン)はやはり強かった。 34試合のブンデスリーガの試合のうち、勝利数は25、引き分け7、敗れたのはたったの2だった。最終的な勝ち点数は82で2位のRBライプツィヒ(以下、ライプツィヒ)の67に大差をつけて優勝を決めている。
もちろん、そのライプツィヒにしても、2016-17シーズンは素晴らしいシーズンだった。昇格組ということを感じさせない自信にあふれたプレー、そしてシーズンを通して維持した好パフォーマンス。素晴らしいとしか言いようがないだろう。イレギュラー中のイレギュラーだったと言える。
しかし、それでも勝つのがバイエルンだ。ブンデスリーガに君臨するこの赤い名門は、新参者にも容赦はしない。第1戦では3-0で勝利し、一時は敗北の危機に陥るも第2戦では、後半80分台からロスタイムに至るまでの間に3得点を挙げ、4-5で勝ち抜けた。
ブンデスリーガでは、現在のバイエルンに立ちはだかるクラブは見当たらない。「FCハリウッド」とも揶揄される厚い選手層は、ローテーションを組んだとしても見劣りすることはなく、シーズンを通して全力で戦えるようなメンバーが揃っている。有望なベテランと若手も入り乱れるバイエルンに抜け目はない。

グアルディオラのポゼッション戦術で変わったバイエルン

前シーズンまで指揮をとっていたグアルディオラ監督(以下、敬称略)が標榜していたのは、ポゼッションサッカーだ。
バイエルンの選手たちにボールを無駄にすることは許さず、徹底的にボールを保持させた。パスを回し続けることで、相手選手は対応に追われる。常に走らされることで、マークやポジショニングのズレが生まれる。その一瞬をバイエルンの選手たちは逃さずに、ゴールに迫っていった。GK(ゴールキーパー)であるマヌエル・ノイアー選手までもが、ボール回しに参加していたことは有名だ。そしてその光景はグアルディオラの戦術が浸透するにつれ、不思議なことではなくなっていった。
さらにグアルディオラは、可変的なシステムを採用するようになった。試合運びに応じて、4-2-3-1や4-1-4-1、3-4-3などを使い分けた。点を奪える時には激しく攻めたて、危ないとみればすぐさま選手とボールを後ろに戻し、堅い守備を展開する。変幻自在の動きでバイエルンは多くのライバルを倒していった。

おすすめの記事