「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-17セリエA優勝】ユヴェントスFCを分析!

2017 8/3 12:07dada
ユヴェントスFC
このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻の6連覇!国内にもはや敵なし

ユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)は、2016-17のセリエAを制し、リーグ6連覇を成し遂げた。 成績は昨シーズンと同じで、勝利数29、引き分け4、負けたのは5だった。勝ち点は91。2位のASローマ(以下、ローマ)は87、3位のSSCナポリ(以下、ナポリ)は86と肉薄したが、やはりユヴェントスを追い抜くことはできなかった。
ACミラン(以下、ミラン)、インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)ら、古くからの名門も、まだ復活を遂げてはいない。彼らが当たり前のように勝利するシーズンは、もう少し先のことになるのかもしれない。
国内に敵はおらず、ユヴェントスが優勝しない方がもはや変則的だと言ってもおかしくない。
ユヴェントスはリーグ戦を易々と勝ち抜けつつ、CL(以下、UEFAチャンピオンズリーグ)の決勝戦へと臨んだ。彼らにとって狙うべきタイトルは、もうセリエAではない。ヨーロッパ最強を決めるCLだ。

頂上決戦!白い巨人と貴婦人の激突

CLを勝ち進んだ「貴婦人」ことユヴェントス。対戦相手は「白い巨人」と呼ばれるレアル・マドリードCF(以下、マドリード)だ。
ユヴェントスは、CLにおいて失点をことごとく抑え、万全の状態でマドリードとの決戦に臨んだ。「最強の矛と盾」、彼らの戦いをメディアはそう呼んだ。
試合の立ち上がりでは、右サイドからパウロ・ディバラ選手(以下、敬称略)とダニエウ・アウヴェス選手(以下、敬称略)が攻め上がり続けた。この2人は相互にパスを出しながら、マドリードの包囲網を突破しゴール前に迫っていく。彼らの動きに応じて、他のユヴェントスの選手らも位置を上げていき、試合を支配していた。
しかし、先制点を奪ったのはマドリードだった。エースのクリスティアーノ・ロナウド選手(以下、敬称略)がジャンルイージ・ブッフォン選手(以下、敬称略)の守るゴールから得点した。その直後にはユヴェントスのマリオ・マンジュキッチ選手が素晴らしいバイシクルシュートを叩きこみ同点に。このままでは終わらせないという意思を感じさせるゴールだった。
だが、右サイドで躍動していたはずのディバラとアウヴェスのコンビは少しずつ精彩を失い、ユヴェントスは少しずつ後退していく。スペースのできたマドリードの選手たちは、縦横無尽にボールを回し始め、最終的には4点を奪い試合終了。
ユヴェントスはマドリードの前に散った。終わってみれば、マドリードの勝負強さを思い知らされる結果であった。当初のユヴェントス側の優位も、マドリードが様子見をしていただけのようにも思えるくらいの完敗だった。

おすすめの記事