「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【サッカーを愛するということ】ネイマールVSギャレス・ベイルの存在

2017 8/3 12:07dada
ネイマール
このエントリーをはてなブックマークに追加

メッシもロナウドもいなくなる未来

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)に所属するリオネル・メッシ選手(以下、敬称略)。 レアル・マドリードCF(以下、マドリード)に所属するクリスティアーノ・ロナウド選手(以下、敬称略)。
この2人は2000年代に入ってからのサッカー界の象徴だ。所属するクラブがライバル同士ということも相まって、彼らがライバル関係にあると見るサポーターも多い。そして彼らのようなハイクオリティな選手が同時期に存在することに、一種の恐怖にも似た感動を覚える。サポーターを魅了するドリブル、サポーターをうならせるパス、サポーターを絶叫させるゴール。彼らの繰り出すスキルは、どれも光っていて観る者を飽きさせない。
「この時代に彼らのサッカーを観られて良かった」、思わずそんな言葉が出てしまう。それがこの2人だ。
だが、彼らの時代にも必ず終わりがやってくる。メッシもロナウドもいないサッカー界が必ずやってくるのだ。彼らを観てサッカーを始めた子どもも多いはず。彼らの真似をしてボールを蹴り、空き缶を立ててドリブルの練習、壁にひたすらシュート練習。世界にはそんな子どもが必ず存在する。彼らは紛れもなくスターなのだ。
この2人の引退がやってきた時、サッカーファンである私たちは言い知れぬ虚無感に襲われるだろう。しかしそれは一瞬で、その後にはまた新たなスターがやってきて私達を魅了する。つまりサッカーに終わりはないのだ。
ネイマール選手(以下、敬称略)と、ギャレス・ベイル選手(以下、敬称略)。この2人がこれからのサッカー界の新たな象徴となるだろう。

ネイマールとベイル!リーガにやってきた新参者

ネイマールとベイルは、それぞれバルセロナとマドリードに所属するが、元々リーガ・エスパニョーラの選手ではない。 この両クラブは、常に世界中にスカウトの包囲網を張り、自分たちの下でプレーする有望な選手を探し続けている。
ネイマールは元々ブラジルのサントスFCでプレーしていた。あのペレ氏も輩出したクラブである。サントスはブラジル国内のスター選手を大勢発掘しているが、ネイマールは飛び切りの掘り出し物だったに違いない。 瞬く間にトップチームに上り詰め、世界中から注目される選手となった。 優れたアタッカーを愛してやまないバルセロナが彼を放っておくわけがない。メッシとの共存が可能であるかどうかは危惧されたものの、2013-14シーズンからのバルセロナ入りはあっさりと決まった。
ベイルもネイマールと同じシーズンにマドリードへ加入している。ネイマールを狙っていたのはバルセロナだけではなかった。彼の獲得に失敗した瞬間にマドリードは次の手を打たねばならなくなった。ネイマールと同等かそれ以上の選手の獲得だ。 そこで選ばれたのがベイルだ。当時のベイルはトッテナム・ホットスパーFCでプレーしていた。NEXTロナウドの確保を考えていたマドリードは、体格やプレースタイル、クオリティの近い選手をベイルと踏んだのだった。

おすすめの記事