「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【やはり速い】ジャマイカ発のスピードスター!ラヒーム・スターリング

2017 8/3 12:07dada
ラヒーム・スターリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャマイカで生まれ英国で育ったラヒーム・スターリング

プレミアリーグのマンチェスター・シティFC(以下、シティ)に所属するラヒーム・スターリング選手(以下、敬称略)は、イングランド代表のスピードスターだ。
彼は、イングランド代表の各U年代の代表でもプレー経験があり、A代表への選出も当たり前になっている。 しかし、彼は1994年にジャマイカの首都のキングストンで生まれ、3年間をこの国で過ごしているため、英国とジャマイカの二重国籍を有しているのだ。
その後10歳でQPRのユースに入り、15歳の時にはリヴァプールFC(以下、リヴァプール)のユースへとステップアップ。
リヴァプールのトップチームでのデビューは17歳と107日の頃だ。それからというものの彼は驚くほどのスピードでスターダムを駆け上がっていく。

ジャマイカ生まれはやはり速い?スピードスター誕生

彼の持ち味はそのスピードの速さにある。 ボールを持ってから彼は一気にトップスピードへ到達し、サイドを駆け上がることができる。
陸上のウサイン・ボルト選手に代表されるように、ジャマイカ生まれのスポーツ選手はどうしてこうも速いのだろうか。 スターリングは身体の反転も上手く、相手選手らの間隙を縫うようなドリブルが持ち味だ。キュッと止まってキュッと加速するような彼のこの動きを読むことは難しい。
スティーブン・ジェラード氏(以下、敬称略)やルイス・スアレス選手(以下、敬称略)らと充実の攻撃陣を形成し、2013-14シーズンは優勝へあと一歩というところまで迫った。
スターリングは国内選手かつリヴァプールの生え抜きということも相まって、クラブのアイドルとしての立ち位置を獲得していくことになる。

おすすめの記事