「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【次世代のサッカー】ワールドカップのブレイク候補!外国人編

2017 6/30 12:56dada
ジャンルイージ・ドンナルンマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大なジジの後継者!イタリア代表ジャンルイージ・ドンナルンマ

イタリア代表には、長年にわたりゴールマウスを守ってきたレジェンド、ジャンルイージ・ブッフォン選手(以下、敬称略)がいる。「ジジ」の愛称で親しまれる彼は、優れたポジショニングでいくつものシュートを防いできた。
30代に入りミスが増えると、代表引退を囁く報道も増えるようになったが、W杯やEUROなどここ大一番での強さには光るものがある。ただ、そのブッフォンもおそらく2018年のW杯が最後の代表となるだろう。
そんな中、注目されているのが、ジャンルイージ・ドンナルンマ選手だ。16歳8ヶ月でセリエAにデビューし、代表でも17歳6か月でデビュー。驚異的な成長を続ける彼は所属するACミランの正守護神として君臨している。
ブッフォンからは誕生日の際にお祝いのメッセージを送られるなど、実力に太鼓判を押され仲も良い様子だ。2018年のW杯では、ブッフォンに代わりピッチに立つ試合もあるかもしれない。イタリアのゴールキーパーはターニングポイントを迎えつつある。

中盤で輝く至宝!ベルギー代表ユーリ・ティーレマンス

2010年代に入ってからのベルギー代表は、黄金期を迎えている。ロメル・ルカク選手、エデン・アザール選手、トビー・アルデルヴァイレルト選手ら攻守に秀でる選手を大勢輩出している。
16歳5か月という若さでCLにまで出場してした、ユーリ・ティーレマンス選手(以下、敬称略)も今後のベルギー代表を担う存在となるだろう。
ティーレマンスは、その若さとは裏腹に中盤でボールを落ち着いて捌くことのできる選手だ。ショートパス、ロングパス、そのどちらも正確で速く、迷いがない。ドリブル技術にも秀でていることから、マークについた相手選手をいなしてから、パスを送ることもできる。ベルギー代表の中盤には彼のような優秀なMFが大勢いるが、ティーレマンスは向こう10年は活躍できる至宝級の選手だ。
欧州の5大リーグデビューが期待される中、2017-18シーズンからはフランスのASモナコでのプレーが決定。W杯で活躍することができれば、さらなるビッグクラブからの引き抜きもあり得るだろう。若い彼のキャリアはまだまだこれからだ。

おすすめの記事