「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【信念に基づく宿敵】ジェラール・ピケVSセルヒオ・ラモスを解説

2017 6/30 12:56dada
ジェラール・ピケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2大巨頭の顔、ピケとラモス

リーガ・エスパニョーラには2大巨頭と呼ばれるメガクラブがある。それが、FCバルセロナ(以下、バルセロナ)と、レアル・マドリードCF(以下、マドリード)である。
2017年5月、2018年のW杯に向け招集されたスペイン代表には、バルセロナから5人、マドリードから6人が招集された。この2クラブは宿敵同士ではあるものの、代表戦では顔を合わせともに戦うこととなる選手達が多く所属する。
そんな選手たちのなかで注目すべきが、ジェラール・ピケ選手(以下、敬称略)と、セルヒオ・ラモス選手(以下、敬称略)の関係だ。2人は同じスペイン代表のDFとしてプレーするも、その関係は冷え切っている。ピッチ内外で常に戦う犬猿の仲なのだ。

スペインとカタルーニャの歴史

ピケとラモスの関係が冷え切った背景にあるのが、バルセロナとマドリードの関係だ。両クラブはリーガ・エスパニョーラだけでなく、スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)、CL等でのタイトルを争っている。
バルセロナとマドリードがこれほどまでにライバル視される背景にも理由がある。それは、バルセロナとマドリードが歩んできた中世からの歴史だ。
バルセロナを首都とした独立国だったカタルーニャは、マドリードを首都とするスペインと同君連合を成立させる。カタルーニャは独自の文化を保持したまま近世まで暮らしていたが、その後スペイン(マドリード)はカタルーニャをはじめ独自の文化を持つ地域に首都基準(マドリード)の価値観を共通認識するよう通達した。
カタルーニャの人々はその通達に激しく抵抗を示し、今もなお独立運動が行われているほどである。これが政治、文化においてもバルセロナとマドリードが対立してしまう原因の一つなのだ。
ピケはバルセロナとカタルーニャを心の底から愛している。バルセロナには祖父も役員として参加した過去があり、自身もバルセロナでユースを経験している生え抜きだ。クラブと自身の人生は常に密着したものだと考えており、その発言にはバルセロナに対する愛情表現とマドリードへの文句、そしてそのマドリードのキャプテンであるセルヒオ・ラモスに対する非難も含まれている。

おすすめの記事