「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【世界最高峰】リオネル・メッシVSクリスティアーノ・ロナウドを解説

2017 6/30 12:56dada
クリスティアーノ・ロナウド
このエントリーをはてなブックマークに追加

2人がライバル視される原因とは

サッカー界にはスター選手と呼ばれる選手が存在するが、リオネル・メッシ選手(以下、敬称略)、クリスティアーノ・ロナウド選手(以下、敬称略)の2人がこれほどまでにライバル視されるのは、世界最高峰のクオリティを持ち他者を抜きんでているからだ。
アタッカーとして持つべき能力全てを持っている2人は、他の追随を許さない特別な存在なのだ。
所属クラブであるFCバルセロナ(以下、バルセロナ)、レアル・マドリードCF(以下、マドリード)の2クラブも、世界最高峰のクラブであり、両クラブがぶつかる試合「クラシコ」は、世界中のサッカーファンを虜にする。
それぞれのクラブの看板を背負うメッシとロナウドだが、彼らが所属するクラブもまた宿敵同士である。そういった様々な理由から、どちらがより多く点を獲れるか、どちらがクラブの勝利に貢献できるかを常に比べられていたのだ。
ただ、本人同士はお互いをリスペクトしていると語り、特別なライバル視はしていないという。しかし、世界中のサッカーファンは彼らを比較し続けるだろう。

プレースタイルはどう違う?

まずメッシのプレースタイルを考えてみよう。 メッシは右サイド、もしくはトップの位置でのプレーを得意とする。利き足が左であるため、サイドからカットインして鋭いシュートを叩きこむこともできる。
もちろん、シュートではなくドリブル突破して味方のゴールを演出することもできる。彼のドリブルには常に2人以上のマークがつくため、その分味方の自由が利く。そこにMSNと評されるバルセロナの攻撃陣が躍動できる理由がある。
バルセロナのティキ・タカの哲学は、長年バルセロナで過ごすメッシの身体にしっかりと刻み込まれている。メッシの周囲には、メッシと同じくゴールを狙う選手が続々と集まってくる。バルセロナのゴールシーンは多種多様だ。
対するロナウドはメッシのように味方を活かすよりは、独力での打開を得意とする。もちろん、味方の攻撃を演出することもできるのだが、メッシよりはその傾向が少ない。
マドリードの左サイドはロナウドのためにあると言っても良い。守備のタスクを免除されている彼は、常に相手のディフェンスラインを脅かしている。ボールを受けるや圧倒的なスピードとフィジカルでドリブルを開始し、ボールを奪われることなく易々とゴール前へ移動する。ゴール前へ移動すると、左右の足どちらからでも強烈なシュートを繰り出し、ゴールを量産していく。空中戦においても他の選手を寄せ付けない強さで競り勝ち、ヘディングシュートを叩きこんでいく。
ただ、30代を迎えてからはサイド突破よりも、中央でプレーする機会が増えており、味方からのチャンスボールを待つ傾向にあるようだ。それでもロナウドは確実にチャンスをものにするため、味方からのボールは自然と彼に集まってくる。
よくロナウドは、メッシと違ってサポートができない独善的な選手と呼ばれがちだが、それは違う。それぞれのクラブの哲学に則り、それぞれが確実に結果を出し続けているだけだ。

おすすめの記事