「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【最強のライバル】FCバルセロナVSレアル・マドリードCFを比較

2017 6/30 12:56dada
FCバルセロナVSレアル・マドリードCF
このエントリーをはてなブックマークに追加

MSNとBBC!陣容の厚さはどうなっている?

バルセロナにはMSNという世界最高峰の3トップがいる。リオネル・メッシ選手とルイス・スアレス選手とネイマール選手(いずれも以下、敬称略)は、相互に連携し相手ゴールに迫り、創造性のあるゲーム展開でゴールを量産していく。彼らの攻撃には軽快なリズムがある。
対するマドリードにも、カリム・ベンゼマ選手、ギャレス・ベイル選手、クリスティアーノ・ロナウド選手(いずれも以下、敬称略)からなるBBCという3トップがある。しかし、このBBCはバルセロナのMSNほど連携に秀でているわけではなく、MSNに対抗して名付けられたような格好だ。
しかし、ロナウドを筆頭とした突破力には恐ろしいほどの破壊力があり、やはりMSN同様に得点を重ねていくことができている。
中盤の陣容に関して言えば、どちらも選手過多になっているようだ。バルセロナはティキ・タカの哲学を貫くために、多くの選手を組み込み試しているようだ。しかし、2016-17シーズンに加入したアンドレ・ゴメス選手やデニス・スアレス選手は、いまひとつ適応することができておらず、結局はクラブ生え抜きのアンドレス・イニエスタ選手やイヴァン・ラキティッチ選手に頼らざるを得ない状況が続いている。
マドリードは10番ハメス・ロドリゲス選手の不審が継続中だが、その後ろにはイスコ選手やトニ・クロース選手、ルカ・モドリッチ選手、カゼミーロ選手らがおり、万全の構えだ。しかし、スペインの至宝と呼ばるマルコ・アセンシオ選手の出番が確保されておらず、テコ入れは必要だろう。
両クラブは、これからも高みを目指して歩みを続ける。バルセロナとマドリードの2大巨頭は、これからも世界中の多くの人々を熱狂させていくであろう。

おすすめの記事