「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パウロ・ディバラとセリエAで微笑む貴婦人

2017 6/30 12:56dada
パウロ・ディバラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディバラはユヴェントスに所属し続けるのか?

ディバラはユヴェントスで替えの利かない選手となっており、その実力を疑う者はいない。その素早い適応力の高さを評価し、即戦力として欲しがるクラブも少なくない。レアル・マドリードCFやFCバルセロナという、スペインの2大巨頭からの関心はずっと続いている。どちらのクラブも数々の大型の移籍を成功させているクラブであり、サッカー界随一の強豪クラブだ。
ディバラは2017年の4月に2022年まで契約を延長しているが、移籍しない可能性は0ではないだろう。ユヴェントスは彼に約8億円の年俸を払っているとされるが、この額は2大巨頭らからすれば小さい額だ。 ブランド力、現有戦力、金銭面の力の大きさも申し分ない。選手としての悲願であるCLの制覇はディバラも望んでいることだろう。ユヴェントスでの制覇が難しければ、活躍の場を移す可能性は十二分にある。
若きディバラの活躍と去就は、今後も目が離せない。

おすすめの記事