「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パウロ・ディバラとセリエAで微笑む貴婦人

2017 6/30 12:56dada
パウロ・ディバラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

多国籍なディバラ、3カ国にまたがるルーツとは

ユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)に所属するパウロ・ディバラ選手(以下、敬称略)は、近年のサッカー界を代表する選手だ。 アルゼンチン代表としてもプレーしており、リオネル・メッシ選手(以下、敬称略)とも比較されることがある。
しかし、ディバラのルーツはイタリアとポーランドにあり、所有している国籍は3カ国にわたる。 生まれはアルゼンチンで、地元クラブのインスティトゥートACコルドバというクラブでユースチームに入り、プロデビューも飾っている。
その後、2012-13シーズンの夏にUSチッタ・ディ・パレルモ(以下、パレルモ)に移る。同胞のフランコ・バスケス選手と素晴らしいタッグを組み、2014-15シーズンにセリエA復帰直後のパレルモをリーグ11位にまで導く。
その時には世界中のクラブから注目される有望株となっており、結果的に2015-16シーズンからユヴェントスでプレーすることが決定した。

貴婦人の新たな2トップ誕生

ユヴェントスには約37億円とされる金額で移籍した。同年にはマリオ・マンジュキッチ選手(以下、敬称略)が加入しており、この2人で2トップを組むこととなる。
元来、イタリアの伝統的な2トップというと、1人はフィジカルや空中戦に優れる選手で、もう1人がスピードやテクニックに優れているというのがセオリーだった。前のシーズンはカルロス・テベス選手や、アルバロ・モラタ選手、フェルナンド・ジョレンテ選手がこのセオリーにフィットしていた。
ディバラとマンジュキッチは、ユヴェントスにやってきた新たな2トップである。機能するかどうかは未知数であったし、ディバラの移籍金の高さを疑問視する声もあった。
ただ、その疑問の声を跳ね返すようにディバラは活躍を続け、世界を代表するFWの1人に成長している。その市場価格は、ユヴェントス移籍時の倍以上の100億円以上とも言われる。
ユヴェントスは貴婦人という愛称で、セリエAに君臨し続けている。その圧倒的なまでの強さは、貴婦人というよりはすでに女王である。ディバラが活躍を続ける限り、この女王も微笑み続けることだろう。

おすすめの記事