「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全てを掴み取ったサッカー少年、ルイス・スアレス

2017 6/30 12:56dada
ルイス・スアレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

やんちゃなのは昔から!ノートを持たされた少年期

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)に所属する、ルイス・スアレス選手(以下、敬称略)は、いくつもの得点を量産する優秀なストライカーだ。
しかしその反面、ピッチ内外での問題行動も取り沙汰されることが多く、サッカー界に何人か存在する「悪童」とされる選手の一人でもある。
彼は少年の頃から、「落ち着きのない子ども」というレッテルを貼られており、学校に通う際には彼の母親がノートを持たせていたそうだ。そのノートは、スアレスが学校でどのように過ごしているかを先生に記入してもらうためのものだった。 そのノートの全貌は明らかにされてはいないが、必ずしも良い内容ではなかっただろう。
彼の家は決して裕福ではなかったようで、彼自身はよく祖父と車を磨きに出かけ小遣い稼ぎをしていたそうだ。サッカーに専念するには、まず食べること。「フットボールをするためにしなくちゃいけない行為だった。ただ、それは恥ずべきことではない」と彼は振り返る。
ウルグアイ発の素晴らしいストライカーのキャリアは、順風満帆なスタートではなかったようだ。

恋人を追いヨーロッパの地へ

スアレスには、現在の夫人であるソフィアという恋人がいた。 彼女とはスアレスが15歳、ソフィアが12歳の頃から付き合ったとのことだが、ソフィアはすぐにスペインのバルセロナに引っ越すことになる。
スアレスは大いに泣きじゃくったようで、ソフィアとの別れを悲しんだ。そしてその彼女に会うために、16歳の頃に単身スペインに渡る。彼はソフィアのことが大好きでたまらなかったようだ。
当時彼はウルグアイの名門クラブ、ナシオナル・モンテビオでプレーしていたが、2006-07シーズンにオランダのFCフローニンゲンへ、そして2007-08シーズンからはAFCアヤックス(以下、アヤックス)に籍を移している。
ウルグアイとスペインだとかなりの距離だが、オランダとスペインならかなり近くなる。スアレスはヨーロッパでのブレイクの兆しをアヤックスで見せ始めた。
2007-11シーズンの間に110もの試合に出場し、81得点を記録。在籍中には何度もハットトリックを挙げ、2009-10シーズンには4試合でハットトリックを成功させている。しかもその4試合のうち2試合での得点は4得点である。
ここぞという場面でキッチリと仕事をするスアレスは、世界から注目を集めるストライカーになっていた。

おすすめの記事