「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

変わりゆく今と未来、ハメス・ロドリゲスの青写真

2017 6/30 12:56dada
ハメス・ロドリゲス
このエントリーをはてなブックマークに追加

求めた栄光、掴んだ挑戦、2014年W杯

2014年のW杯は感慨深かった。
思い起こせばこの大会は、開催国ブラジルが惨憺たる結果に終わり、ドイツの圧倒的なまでの強さが世界に示された大会だ。ブラジル代表のネイマール選手は、大会途中に負傷離脱を余儀なくされ、多くのブラジル国民が涙した。そんな状況下でチャンスを掴んだ選手もいた。コロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手(以下、敬称略)である。
ハメスは、負傷離脱していたラダメル・ファルカオ選手に代わり同国を牽引。ここぞという場面でいくつものゴールを決め(計6得点)、大会得点王のゴールデンブーツを獲得。
ハメスにはかねてより、レアル・マドリードCF(以下、マドリード)から関心が寄せられていた。また、彼自身が「僕の夢はマドリードでプレーすること」と語ったこと、そしてW杯での活躍が後押しし、遂にマドリードへ移籍が実現した。着用するユニフォームの背番号は10で、メスト・エジル選手以来の10番の誕生にマドリードサポーターは熱狂した。
余談ではあるが、彼はプレースタイルだけでなく甘いマスクも大きな武器だ。「背番号10×甘いマスク」、これほどユニフォームが売れる要因が揃うことも珍しい。
彼のユニフォームは入団決定から48時間以内に約35万枚も売れ、その売上額は約36億円とされている。マドリードは獲得に要した約110億円ともされる金額の約30%を、あっという間に回収した形となった。

世界最高峰!万能型のトップ下、それがハメス・ロドリゲス

ハメスはトップ下の位置でプレーすることが多い選手だ。
味方へ繰り出すパスはどれも正確で、機を見たパスばかり。無駄が一切なく、妥協も一切ない。創造性に溢れるこのパスから、多くの味方選手が美しいゴールを生み出している。
ただ、ハメスも得点感覚に優れている。自分より前のFW選手のシュートが決まらない、あるいはマークがあまりにも執拗でシュートが放てないような状況下では、ハメスが顔を出す。シャドーストライカーとして、いとも簡単に得点を重ねていくことができるのだ。
シュートの威力とコースも素晴らしく、ゴール前へ飛び出すまでのドリブル技術も素晴らしい。スピードよりはタイミングとタッチに秀でたドリブルで、相手DFのマークを外していく。このドリブル技術の高さはシュートとパス双方で役立つ。ハメスはトップ下として非の打ち所がない万能型である。
1つの技術だけに秀でていても、マドリードでは必要とされない。ハメスのマドリードへの移籍は、W杯でのブレイクがきっかけではあるが、実力に裏打ちされたものと考えて良い。

おすすめの記事