「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ、鹿島と対戦した「セビージャFC」はどんなチームなのか?

2017 6/30 12:56Aki
セビージャFC
このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪、鹿島アントラーズと対戦したセビージャFC

Jリーグとして海外の強豪クラブを招聘し、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」。2017年はStubHub ワールドマッチ 2017として2017年7月17日(月・祝)にセレッソ大阪対セビージャFC、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017として2017年7月22日(土)に鹿島アントラーズ対セビージャFCが開催された。
セビージャFCといえば、今シーズン開幕前にセレッソ大阪に復帰した清武弘嗣選手の古巣でもあるクラブだ。
しかし、セビージャFCが所属するスペインリーガエスパニョーラは、イングランドプレミアリーグやドイツブンデスリーガと比べても深い時間、深夜から早朝に試合が行われる事が多く、実際にどんなチームなのか、どんな選手がいるのかまで知っているJリーグサポーターはそれほど多くない。一体どのようなチームなのだろうか。

熱狂的なサポーターを持つアンダルシア地方のクラブ

セビージャFCの本拠地はスペイン南部アンダルシア州の州都であるセビリア。この都市名であるセビリアとクラブ名であるセビージャは実際の所同じ単語で、「Sevilla」と書く。スペイン語では元スペイン代表のダビド・ビジャ選手が「David Villa」と書いてビジャと読むように、「-lla」を「-ジャ」と読む為、現地の発音では都市名もクラブ名も「セビージャ」となるのだが、都市名に関しては「Sevilla」の英語読みである「セビリア」が定着している為、都市名とクラブ名で異なる読み方となっている。
クラブが創設されたのは1890年とかなり古く、スペイン初の公式戦は1908年に行われた同じアンダルシア地方の都市ウェルバを本拠地とするレクレアティーボ・ウェルバ対セビージャFCだと言われている。
クラブカラーは赤と白。ファーストユニフォームが白地に赤、セカンドユニフォームが赤地に白という配色が定番となっている。
セビリアのあるアンダルシア地方はフラメンコと闘牛発祥の地で、情熱的な地域であるため熱狂的なサポーターが多く、同じセビリアを本拠地としセビージャFCの内部対立から分裂する形で誕生したレアル・ベティスとのセビリアダービーは、スペインで最も熱いダービーと言われている。

おすすめの記事