「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

貪欲なストライカーが歩む己の道!ジエゴ・コスタ

2017 6/28 09:44dada
diego costa
このエントリーをはてなブックマークに追加

コスタの原点はストリートにあり

ジエゴ・コスタ選手は少年の頃、ブラジルのストリートでサッカーをしていた。

彼の父は出稼ぎ労働者で家は常に貧しい状況が続いていた。当然、恵まれたサッカー環境にあるわけもなく、なんと16歳までストリートでくすぶっていたようだ。ストリートではケンカなど日常茶飯事で、他の少年たちを殴り、蹴り、肘打ちを食らわせるような少年だった。
「自制心はなく、相手を殺すくらいに打ちのめすことばかりを考えた」とまで語っている。

18歳でやっとポルトガルのSCブラガと契約するも、手癖の悪さは一向に良くならず6年間で7つのクラブを転々とする。やはり昔から培われたストリートでの癖を抜くのは相当難しいようだ。

しかし、2012年にアトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)でシメオネ監督と出会うことで、彼のキャリアは大きく動き始める。

シメオネのチョリスモが変えた姿勢

アトレティコを率いるシメオネ監督は、「チョリスモ(シメオネ主義)」と呼ばれる戦術をクラブに浸透させていく。チョリスモは、前線からの激しいプレッシングを起点とし試合をコントロールしていく戦術だ。

選手一人一人が全力で走り続けることが重要で、コスタ選手もチョリスモを構成する重要なファクターになっていく。
最初は彼の少々難ありの性格が献身的な働きを阻害するものと思われたが、元々の獰猛さが良い意味で幸いしてバックラインにプレスをかけるようになった。

時折、一触即発するような場面があるものの、コスタ選手のプレー姿勢は間違いなく向上し、アトレティコに欠かせない選手として成熟していった。
シメオネ監督もコスタ選手に全幅の信頼を寄せるようになり、2012-13のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)ではクリスティアーノ・ロナウド選手を抑えて8得点で得点王になる。

おすすめの記事