「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

不遇のストライカーが掴み取る栄光!アルバロ・モラタ

2017 6/28 09:44dada
alvaro morata
このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれはマドリード!白い巨人への加入は必然?

1992年生まれのアルバロ・モラタ選手は、スペインを代表するストライカーです。 生まれはスペインの首都マドリードで、ユース時代にはアトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)のユースやヘタフェCF(以下、ヘタフェ)を経て、レアル・マドリードCF(以下、マドリー)のユースに加入しています。
アトレティコとマドリーは強いライバル関係にありますが、ストライカーの育成に優れるのはアトレティコの方です。モラタ選手がアトレティコで腕を磨く頃には、セルヒオ・アグエロ選手やフェルナンド・トーレス選手が活躍をしており、モラタ選手もここに加わるものと思われていました。
ただ結果的にそれは叶うことはありませんでした。間にヘタフェというワンクッションを置いて、永遠のライバルの間を華麗に移動しました。

マドリーでは世界の壁を前に活躍できず

マドリーは豊富な資金力とブランド力を武器に、世界中から一流の選手を集めてきます。若きモラタ選手の前にはゴンサロ・イグアイン選手やクリスティアーノ・ロナウド選手、カリム・ベンゼマ選手といった世界レベルの選手が並んでおりそこに彼が入り込む余地はありませんでした。
しかし、それは当然のことでしょう。 常に勝利が求められるマドリーにおいて、「若手を試しに起用して出場機会を与える」ことは非常に危険な賭けとなります。負ければ当然監督は強い非難を浴びると考えられますから、モラタ選手が控えに甘んじるのは仕方がないと言えます。
2014-15シーズンにモラタ選手は惜しまれつつマドリーを後にし、新天地となるユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)へ向かいます。この時の移籍には、マドリーが買い戻しオプションを付けており、これは後の彼の活躍に期待を込めて送り出したということになります。

おすすめの記事