「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】プレミアリーグで移籍の噂があるMFを分析

2017 6/28 09:44dada
wayne roony
このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかの古巣復帰?ウェイン・ルーニー

ウェイン・ルーニー選手は、エバートンFC(以下、エバートン)出身のMFで、2004シーズンからはマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)で活躍を続けています。
若い頃には「悪童」との評判も根強く、気性の荒さが先行していました。ただ、ユナイテッドだけでなく、イングランド代表でもキャプテンを務めるようになると、次第に落ち着きをみせ始め、チームの顔としてピッチ内外で重要な選手へと成長します。 中盤においては高い得点力だけでなく、献身的な守備参加、ゲームを操るパス供給を徹底して行い、非常にマルチな選手としてプレーしています。
2017年1月にはFKでユナイテッドでの通算得点数を250とし、クラブの歴代最多得点記録を更新しました。彼は名実ともにユナイテッドの看板選手となりました。
ただ、2016-17シーズンにモウリーニョ監督が指揮をとるようになると、アンデル・エレーラ選手やポール・ポグバ選手らにポジションを譲ることも増え、徐々に試合感覚が乱れてきています。スタメン入りが非常に難しくなったことから、古巣であるエバートンへの復帰や、メジャーリーグサッカーへの挑戦も囁かれています。
2017年3月には同僚のバスティアン・シュバインシュタイガー選手が、やはりモウリーニョ監督からの冷遇によりメジャーリーグサッカーへ移籍。ルーニー選手も同じ轍を歩むのではないかという見方も強くなっています。 彼ほどの実力者、そしてクラブの柱ともいう存在が、このような形で欧州から去るのは大変悔やまれることです。今後もその動向には注目すべきでしょう。

名門復活の礎となるか?!セスク・ファブレガス

2017-18シーズンのACミラン(以下、ミラン)は、大きな転換期を迎えます。
2017年4月にかねてより取り沙汰されていた中国資本への売却が正式決定し、31年間のベルルスコーニ体制は終わりを告げることになりました。 ベルルスコーニ氏がミランの会長になってからは、素晴らしい黄金時代を過ごすも2010年代に入ってからは、経営状況が悪化し次第に低迷。クラブは名門から遠ざかるような成績に終始していました。
そこに持ちあがったのが中国資本の到来であり、これにより多額の移籍金を用意できるとされています。その獲得候補の一人が、セスク・ファブレガス選手です。
セスク選手は首位を走る2016-17シーズンのチェルシーFC(以下、チェルシー)において、スタメンのファーストチョイスの選手ではありません。一人で二人分働くとされるエンゴロ・カンテ選手や、強靭なフィジカルと落ち着いたプレーで幅を利かせるネマニャ・マティッチ選手らからポジションを奪うことができていません。監督のアントニオ・コンテ監督は、彼ら二人を重用しセスク選手は控えに甘んじるのが普通になっています。
ただ、試合に出場すれば正確なロングフィードを供給し、チェルシーの攻撃にバリエーションをもたせることができています。おそらくミランに移ってもこのクオリティを維持できるでしょうし、復活を目指すミランの礎となることができるでしょう。

おすすめの記事