「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】リーガ・エスパニョーラで移籍の噂があるMFを分析

2017 6/28 09:44dada
isco
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な黒子はどこへ行く?アンドレス・イニエスタ

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)に所属するアンドレス・イニエスタ選手は、2016-17シーズンに入ってから移籍の可能性が急浮上しています。
彼は、これまでバルセロナのカンテラ出身者としてピッチ内外で活躍し続けてきました。シャビ・エルナンデス選手退団以降のバルセロナではチームのキャプテンとしてメンバーをまとめるだけでなく、黒子としてもプレーをしています。
20代の頃はサイドの位置でプレーすることも多かったのですが、「MSN」結成以降は彼らを助けるかのように中盤で地味なプレーに終始。しかし、そのプレーは中盤と前線の欠かすことのできない仕事でもありました。
バルセロナでは、イニエスタ選手やリオネル・メッシ選手、セルヒオ・ブスケツ選手らがカンテラ出身者としてプレーしていますが、メンバー全体をみてみるとその割合は徐々に下がってきています。この状況でイニエスタ選手が退団するのは、バルセロナにとってあらゆる意味で大きな痛手となります。
移籍先として挙げられるのはメジャーリーグサッカーのクラブです。イニエスタ選手ほどのレベルであれば、まだまだ欧州で活躍してもらいたいものですが、どうなるのでしょうか。

アトレティコへの愛は永遠?コケ

アトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)で活躍を続けるコケ選手は、これまでの所属はユース、トップチームともにアトレティコという特別な選手です。あちこちでプレーすることが当たり前になった現代サッカーにおいて、彼のような存在は極めて貴重でクラブの財産とも呼べるでしょう。
彼は、中盤の深い位置でプレーすれば長短様々なパスでゲームを操り、サイドでプレーすれば正確なロングパスを前線に供給することができます。プレーメーカーとして極めて優秀であり、リーガ・エスパニョーラでは「シャビ・エルナンデスの後継者」としても担ぎ上げられています。
現にこれまで何度もバルセロナへの移籍が取り沙汰されており、前述のイニエスタ選手が退団するようなことになれば、その噂はより現実味を帯びてくるでしょう。
スペイン代表としてもU年代からプレーを続けており、実力もキャリアも完璧。彼がさらに上を目指しバルセロナに渡るか、あるいはアトレティコへの愛を貫くかはまだわかりません。獲得には約50億円以上が必要だとされますが、バルセロナに払えないことはないでしょう。

おすすめの記事