「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】ブンデスリーガで移籍の噂があるMFを分析

2017 6/28 09:44dada
Naby Keita
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタメン争いにうんざり!ドゥグラス・コスタ

FCバイエルン・ミュンヘン(以下、バイエルン)に所属するドゥグラス・コスタ選手は、サイドからのキレのあるドリブルと強烈で正確なシュートが持ち味です。ブラジル代表としても活躍を続けており、快足を活かしてコンスタントに出場機会を得ています。
ただ、バイエルンにおいてはアリエン・ロッベン選手やフランク・リベリ選手、キングスレイ・コマン選手らと激しいスタメン争いを繰り広げ、必ずしもスタメンに定着しているとは言えない状況が続いています。 バイエルンというメガクラブに尊敬の念は示しつつも、プレー時間に満足がいっていないことや、国外クラブからのオファーがあることを隠そうとはしていません。
これらの発言は恐らく事実なのでしょうが、仮に事実ではなかったとしてもクラブに対して「出場機会が約束されないなら別のクラブに行くぞ」という意思表示であり、契約の延長や起用に対する牽制のような意味合いを含みます。
獲得の有力候補には中国クラブが含まれているようで、多額の資金投入が警戒されています。ただ、中国へ渡るとなると今後欧州への再挑戦や代表入りも危惧されることから、より高いレベルでプレーできるプレミアリーグなどでのプレーを期待したいところです。
もちろん、バイエルンに残留し、キャリアの終わりを迎えつつあるロッベン選手とリベリ選手の跡を引き継ぐのもアリなのではないでしょうか。

バルセロナ復帰は常にあり?チアゴ・アルカンタラ

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)で育ったチアゴ・アルカンタラ選手は、ジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルンを指揮するにあたり、一緒にドイツにわたりました。
バルセロナ仕込みのドリブルにはリズムがあり、短く速いパスにもメッセージ性が伴います。ボールを預ければ、易々と奪われるようなことはなく、前に向かって走っていくことができる推進力もあります。
ゲームを活性化させることができるため、トップ下での起用はもちろん、オーガナイザーとして中盤の底でプレーすることもあります。
バルセロナでは、シャビ・エルナンデス選手やアンドレス・イニエスタ選手の後継者探しをずっと行っており、そこへ綺麗にはまるのがチアゴ選手だと言われています。バルセロナからは一度外に出てしまいましたが、再び多額の資金を投入し買い戻す噂があります。
2017-18シーズン夏の移籍市場では、アンドレス・イニエスタ選手の動向も不透明で、チアゴ選手の価値がより一層高まりそうです。バルセロナの独特の哲学も、チアゴ選手ならよく理解できているでしょうから、順応に問題はないはずです。

おすすめの記事