「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】セリエAで移籍の噂があるMFを分析

2017 6/28 09:44dada
honda milan
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミランの10番は移籍が最適解?本田圭佑

名門ACミラン(以下、ミラン)の10番を背負うのは日本の本田圭佑選手です。加入時の記者会見では、「リトル本田」といったワードや、かつての作文で夢見た「セリエAで10番を背負う」と逸話は有名になり、シンデレラボーイとしてもてはやされました。
ミラン加入直後はそれなりの活躍をみせましたが、どんどんと出場機会は減らされていき、2016-17シーズンにはベンチが定位置となりつつあります。 本田選手がプレーするミランの中盤やサイドには、スソ選手やマヌエル・ロカテッリ選手ら若手が育ち始め、立場を脅かしています。
これ以上ミランでの出場機会には恵まれないはずだ、とする声も強まり、一時は国外クラブへの移籍も取り沙汰されましたが、本田選手自身がこれを拒否。ミランに残留をし続けています。
たださすがに、2シーズン続けてのベンチ要因に甘んじるのは非常にもったいないことです。プレミアリーグの中堅クラブやリーガ・エスパニョーラへの参戦も叫ばれるなか、本田選手の動向に注目が集まります。 代表戦での招集に際しては、「クラブで試合に出ていない選手をなぜ呼ぶのか」と非難する声もあるため、なんとかその声を覆すべく別のクラブでのプレーを選んでもらいたいものです。
また、まだ時期尚早かもしれませんが、自身が所有するオーストリアのクラブでプレーすることもあり得るのではないかとする見方もあるようです。

喫煙騒動もなんのその!ラジャ・ナインゴラン

ASローマ(以下、ローマ)に所属するラジャ・ナインゴラン選手は、色々な意味でタフな選手です。 ローマではダニエレ・デ・ロッシ選手、ケビン・ストロートマン選手らと共に中盤を支えています。いずれの選手もその運動量と前線へのオーガナイズに優れていますが、中でもナインゴラン選手は飛び抜けています。
常に休むことなく上下動を繰り返し、ピッチのどこにでも顔を出しプレス、パス、シュートあらゆるプレイをそつなくこなしていきます。彼が走っていない時は、おそらく身体に不調がある時くらいでしょう。それくらいよく走る選手です。
ただ、蓋を開けてみるとナインゴラン選手はかなりのヘビースモーカーで、そのことを堂々とサポーターの前でも露見しています。このことに「俺は選手としてやることはやっている」といった発言もしています。確かに彼の走りを観ていれば、喫煙によるダメージは今のところ無さそうです。
彼にはチェルシーFC(以下、チェルシー)のアントニオ・コンテ監督が関心を寄せています。規律を重んじるコンテ監督の下に移籍したとしても、彼の喫煙はやめられるのでしょうか。今のところダメージは無いようですが、子供たちが憧れるスポーツ選手としてできれば禁煙に努めてもらいたいものですね。

おすすめの記事