「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】リーガ・エスパニョーラで移籍の噂があるFWを分析

2017 6/28 09:44dada
Alcacer
このエントリーをはてなブックマークに追加

バルサの新シンボルはどこへ?ネイマール

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)に所属するネイマール選手は、トリッキーなドリブルに華麗なシュートセンス、味方を活かすための想像的なパスなど、攻撃に長ける選手です。その技術の高さは誰もが認めるところであり、これからのサッカー界を担う選手の1人です。
サントスFCに所属していた頃は、見た目の奇抜さばかりが目立っていた彼も、バルセロナ移籍以降は王者の気風が漂い始めました。そんな彼は歴史あるバルセロナの新シンボルとして期待されています。「リオネル・メッシ選手がいなくなった後のバルセロナを背負うのは彼しかしない」多くのサポーターがそう信じています。
ただ、彼はバルセロナの永遠のライバルであるレアル・マドリードCF(以下、マドリー)に関心を持たれています。
マドリーの会長であるフロレンティーノ・ペレス会長は、これまでにも多くの選手を世界中から多額の移籍金で獲得しており、その次なるターゲットの一人がネイマール選手というわけです。 ネイマール選手の獲得には、約240億円もの移籍金が必要とされています。
もしネイマール選手が移籍するようなことになれば、サッカー界は大騒ぎになること間違いなしです。そして、バルセロナのサポーターは、ネイマール選手とマドリーというクラブに一層強い敵対心を燃やすことでしょう。

第4のFWは承知済みだったが……!パコ・アルカセル

バルセロナにはメッシ選手、ルイス・スアレス選手、ネイマール選手の3人で構成される「MSN」という攻撃陣が非常に有名です。 彼らが展開する攻撃に対しては、どんなDFであっても止めることは容易ではなく、常に得点を量産し続けてきました。
ただ、バルセロナはこの3人に攻撃を依存している側面があり、故障等で離脱されるのは非常に危うい事態ということになります。そこで必要だったのが第4のFWの存在でした。白羽が立ったのはパコ・アルカセル選手でした。
アルカセル選手は、バルセロナ所属以前はバレンシアCF(以下、バレンシア)に所属していました。バレンシアにおいては、優れた得点感覚でゴールを量産し、ユース出身からバレンシア一筋で活躍を続けていました。
そんな彼もより一層の高い舞台を求めたのか、バルセロナへの移籍を決意。第4のFWという立場を理解した上で移籍しました。
ただ、バルセロナ移籍以後は出場機会に恵まれない上に、得点を挙げることができていません。彼だけに非があるというわけではありませんが、バルセロナほどのクラブは結果が出せなければお役御免となるのが常です。 現在ではレンタル移籍での放出が噂されています。

おすすめの記事