「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】セリエAで移籍の噂があるFWを分析

2017 6/28 18:44dada
mauro icardi
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題児はどこへ行く?マウロ・イカルディ

インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)に所属するマウロ・イカルディはずば抜けた得点感覚を持つ選手だ。
特に頭を使った得点を得意としており、ゴール前での当たりの強さや走り込むタイミングは絶妙だ。2016-17シーズンは32節終了時点で30試合に出場し21得点を挙げている。インテルではキャプテンも努めており、その影響力はとても高くなっている。

ただ、かねてより「問題児」としてのレッテルを張られるほどスキャンダラスな選手でもある。これまでには同胞かつチームメイトだったマキシ・ロペス選手の元妻との不倫騒動や自伝を介してのサポーター批判など、枚挙には暇がない。
不倫騒動の相手となった、マキシ・ロペス選手の元妻であるワンダ・ナラ氏は、イカルディ選手の妻兼代理人になっており、クラブと度重なる衝突の火種になっている。

こういった問題を受け、インテルはイカルディ選手の放出にやぶさかではない。これまでにはアーセナルFC(以下、アーセナル)やSSCナポリ(以下、ナポリ)などが交渉に臨んでいた。2017-18の夏も彼の周囲が慌ただしくなる可能性は高いだろう。

もう一人の逸材とは対極に。ガブリエル・バルボサ

ブラジル代表には、マンチェスター・シティFC(以下、シティ)に所属するガブリエル・ジェズス選手と、インテルに所属するガブリエル・バルボサ選手という「二人のガブリエル」が存在する。彼らはいずれもブラジル期待のFWで、ダイヤの原石とも呼べるほどの逸材だ。

ただジェズス選手がシティでブレイクする一方、バルボサ選手はインテルで出場機会を得ることができていない。クオリティは十分あるため、この状況には本人だけでなく周囲も満足していない。ただ、前述のイカルディ選手の活躍が続く限り、この状況が変わることを期待するのも難しいだろう。

バルボサ選手は出場機会を求めてレンタル移籍による放出や、リヴァプールFC(以下、リヴァプール)などへの移籍の噂が取り沙汰されている。本人は「新しい街やチームにフィットするのは時間がかかること」としているが、一体どうなるのだろうか。

おすすめの記事