「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】セリエAで移籍の噂があるFWを分析

2017 6/28 18:44dada
mauro icardi
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題児はどこへ行く?マウロ・イカルディ

インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)に所属するマウロ・イカルディはずば抜けた得点感覚を持つ選手だ。
特に頭を使った得点を得意としており、ゴール前での当たりの強さや走り込むタイミングは絶妙だ。2016-17シーズンは32節終了時点で30試合に出場し21得点を挙げている。インテルではキャプテンも努めており、その影響力はとても高くなっている。

ただ、かねてより「問題児」としてのレッテルを張られるほどスキャンダラスな選手でもある。これまでには同胞かつチームメイトだったマキシ・ロペス選手の元妻との不倫騒動や自伝を介してのサポーター批判など、枚挙には暇がない。
不倫騒動の相手となった、マキシ・ロペス選手の元妻であるワンダ・ナラ氏は、イカルディ選手の妻兼代理人になっており、クラブと度重なる衝突の火種になっている。

こういった問題を受け、インテルはイカルディ選手の放出にやぶさかではない。これまでにはアーセナルFC(以下、アーセナル)やSSCナポリ(以下、ナポリ)などが交渉に臨んでいた。2017-18の夏も彼の周囲が慌ただしくなる可能性は高いだろう。

もう一人の逸材とは対極に。ガブリエル・バルボサ

ブラジル代表には、マンチェスター・シティFC(以下、シティ)に所属するガブリエル・ジェズス選手と、インテルに所属するガブリエル・バルボサ選手という「二人のガブリエル」が存在する。彼らはいずれもブラジル期待のFWで、ダイヤの原石とも呼べるほどの逸材だ。

ただジェズス選手がシティでブレイクする一方、バルボサ選手はインテルで出場機会を得ることができていない。クオリティは十分あるため、この状況には本人だけでなく周囲も満足していない。ただ、前述のイカルディ選手の活躍が続く限り、この状況が変わることを期待するのも難しいだろう。

バルボサ選手は出場機会を求めてレンタル移籍による放出や、リヴァプールFC(以下、リヴァプール)などへの移籍の噂が取り沙汰されている。本人は「新しい街やチームにフィットするのは時間がかかること」としているが、一体どうなるのだろうか。

イタリア屈指のテクニシャン!ロレンツォ・インシーニェ

堅守が売りのイタリア代表のなかでも、極めて攻撃スキルに長けているのがロレンツォ・インシーニェ選手だ。前線へのドリブル突破は爆発的なスピードと繊細なステップを併せ持ち、その姿には目を見張る。
2017年1月のコッパイタリア準々決勝では、素晴らしいクライフターンを披露し観客の度肝を抜いた。

インシーニェ選手はユース時代からナポリに籍を置いており、いくつかのクラブで武者修行をしながら、再びナポリでスタメンを張るようになった。しかし、ナポリはイグアイン選手が在籍した2015-16シーズン以外ではなかなか優勝に近付くことができていない。

インシーニェ選手はタイトルを欲しており、そのために移籍に動くと噂されている。移籍の候補に挙がっているのはリヴァプールやアーセナルだ。特にアーセナルはアレクシス・サンチェス選手の去就が不安視されており、もしここに穴が開けばインシーニェ選手が綺麗にはまるのではないかとされている。

ジェラール・デウロフェウ

ジェラール・デウロフェウ選手は、2016-17シーズンの冬の移籍で、ACミラン(以下、ミラン)にレンタル移籍した。
元々FCバルセロナ(以下、バルセロナ)のカンテラ出身の彼は、いくつかのクラブを渡り歩き、エヴァートンFC(以下、エヴァートン)に籍を置いている。

エヴァートンではスタメンに定着しきれなかったが、ミランではずば抜けた攻撃能力を発揮し好調を維持。3年振りにスペイン代表にも召集された。
デウロフェウ選手には、バルセロナ時代に築かれたであろう独特のリズムがあり、その動きがミランの攻撃陣を活性化させているように思える。

彼の好調を受け、古巣のバルセロナは獲得を狙っているようだが、ネイマール選手らMSNの牙城を崩すことは難しいだろうし、実現するかどうかはまだわからない。
さらにリオネル・メッシ選手はデウロフェウ選手と不仲にあるともされており、デウロフェウ選手がバルセロナの気風にそぐわないということをクラブの上層部に伝えているともされる。

覚醒したこの若き才能の行く末は、これまでもこれからもまだまだ未定だ。

成長を続けるイタリアの至宝!アンドレア・ベロッティ

トリノFC(以下、トリノ)に所属するアンドレア・ベロッティ選手は、コンスタントに点を獲ることができる生粋のストライカーだ。アレッサンドロ・デル・ピエロ氏以降、イタリアには才能のあるFWがなかなか育たなかった。セバスティアン・ジョビンコ選手やマリオ・バロッテリ選手らはいずれも芽が出ていない。

そんななか、ベロッティ選手の急成長は多くのイタリア代表サポータ―が待ち焦がれていたことだ。言うまでもなくトリノのヒーローだ。2016-17シーズンも32節終了時点で29試合で25得点と大活躍。得点力の高さは、同リーグのイタリア人選手のなかでもずば抜けており、SSラツィオに所属するインモービレ選手の31試合18得点に大差をつけている。

2016年12月にはトリノと契約を延長し、違約金の設定額は約120億円になった。この額は非常に大きいものだが、トリノではなかなかタイトルを狙えないため、彼が移籍を決断する可能性はゼロではなく、金銭力のあるプレミアリーグの強豪が獲得を狙っている。その面々は、マンチェスター・ユナイテッドFCやリヴァプール、チェルシーFCにアーセナルと非常に豪華だ。

世界を巡る点取り屋!カルロス・バッカ

ミランに所属するカルロス・バッカ選手は、ミラン在籍以前は、母国コロンビアやベルギーのクラブ、そしてスペインのセビージャFCなど、世界のあちこちのクラブでプレーをしてきた。

ミランでの在籍はキャリアハイとも言うべき段階にあり、得点力の高さを買われて加入した。 しかし、財政状況が芳しくないミランにおいては、多くの選手が出入りするようになり、バッカ選手も移籍市場がやってくる度に放出の可能性が取り沙汰された。 2016-17シーズンには中国からの関心が寄せられていたこともあった。結果的に代理人がこのオファーを断ったようだが、新しいオーナーが就任するミランにおいては、その立場は不透明となっている。 一度は断った中国への移籍や、再び別の国を渡り歩く日々はやってくるのだろうか。2017-18シーズンはミランの周辺がかなり騒がしくなりそうだ。

関連記事

おすすめの記事