「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】プレミアリーグで移籍の噂があるDFを分析

2017 6/28 18:44dada
Alberto Moreno
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mooinblack

お払い箱になる天才?ルーク・ショウ

ルーク・ショウ選手は、優秀な若手選手を育てることで有名なサウサンプトンFC(以下、サウサンプトン)の出身だ。生まれは1995年とまだ若いが、サウサンプトンでプロになったのは2012-13シーズンのことだ。

10代だった彼はそのシーズンに公式戦28試合に出場し、「イングランドの天才」として担ぎ上げられた。スピードがあり、攻守で自分がどう動くべきかを的確に察知できるのが彼の持ち味だ。

2014-15シーズン、多くのクラブから関心が寄せられるなか、移籍することになったのがマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)だ。しかし、移籍後は故障による離脱が相次ぎ、2015-16シーズン開幕直後には、複合骨折によりシーズンを諦めることを余儀なくされた。試合映像には彼の痛ましい骨折の瞬間が捉えられ、多くの人々が彼を慰めた。

2016-17シーズンは戦線への復帰が可能となっているが、プレーをモウリーニョ監督に名指しで批判されるなど出場機会も恵まれていない。
彼を取り巻く環境は順風満帆と言えるようなものではない。結果的に彼が以前からファンだと語っていたチェルシーFC(以下、チェルシー)への移籍や、トッテナム・ホットスパーFC(以下、トッテナム)が獲得に乗り出すと噂されている。 貴重なイングランドの国内選手だけに、彼の獲得と復活を願うクラブは多いはずだ。

本職なのに難しい?アルベルト・モレノ

リヴァプールFC(以下、リヴァプール)に所属するアルベルト・モレノ選手は、同僚のジェームズ・ミルナー選手に控えに追いやられている。
ミルナ―選手はユーティリティー性の高い選手で、本来なら中盤の高い位置でプレーするMFだ。元はマンチェスター・シティFC(以下、シティ)に所属していたこともあったが、中盤の後ろかSBでの起用を嫌がり、リヴァプールに移籍した。

結果的に移籍先のリヴァプールでもSBを務めているが、これはモレノ選手の守備の拙さをクロップ監督が危険視しているからだ。攻撃面ではスピードと速いクロスをあげられるモレノ選手だが、守備となると安易に抜かれるなど献身性の低いプレーが目立つ。
クロップ監督は「ゲーゲンプレス(攻守の切り替えを重んじ、果敢にボールを奪いにいく戦術)」を志向しているため、モレノ選手に満足がいかない。対するミルナ―選手は望まないポジションでの起用であっても、豊富な運動量を武器によく走る。

2017-18シーズン夏の移籍では、ACミラン(以下、ミラン)と、インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)がモレノ選手獲得に動くとされている。特にミランは中国資本が流入することから、多額の資金を背景に移籍の実現度も高いのではないだろうか。

おすすめの記事