「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】リーガ・エスパニョーラで移籍の噂があるDFを分析

2017 6/28 18:44dada
real pepe
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Vlad1988

中国移籍がほぼ確実?!ペペ

ペペことケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ選手は、レアル・マドリードCF(以下、マドリー)に2007-08シーズンから在籍している。
マドリーでは不動のCBとして君臨し続け、これまでにリカルド・カルバーリョ選手やセルヒオ・ラモス選手など、名だたる選手と最終ラインのタッグを組んできた。

ペペ選手は対人戦での強さが売りで、どんな選手に対しても激しく競り合いにいく。その様子はカードの覚悟も辞さない構えで、実際にラフプレーで多くの試合を欠場処分により逃したこともある。
ペペ選手に対しては、元同僚のイケル・カシージャス選手が「クレイジー」と語ったり、多くのサッカーファンから危険視されたりすることも多い。

ただ、勝負に対する熱さは多くの人が見とめるところであり、対峙する多くの選手にとって怖い存在でもある。

30代半ばを迎えても対人戦の激しさはまだ一流だが、スピードはどんどんと落ちてきている。そのため、2017-18夏の契約満了とともに、中国リーグへの移籍が有力視されている。年齢を重ねているとはいえ、彼ほどのビッグネームの到来は多くの中国人サポーターを熱狂させるのではないだろうか。

出番確保で移籍は消滅?ラファエル・ヴァラン

マドリーでプレーするラファエル・ヴァラン選手は、スピードと正確性のあるディフェンスが持ち味の選手だ。
また、1対1の対人戦においても器用にボールを奪取することができ、その様子はベテランDFそのものだ。
マドリーでは前述のペペ選手と、ラモス選手が長年スタメンを張っており、彼が試合に出るチャンスは限られていた。
それでも、度重なる監督交代が相次ぐ状況においても、歴代の監督から支持され続け、2011-12シーズンの夏の加入からすでに6年の年月が経過しようとしている。 長く雌伏の時を過ごしてきた彼だが、同僚であるペペ選手の退団説も高まっており、いよいよスタメンに定着するのではないかと期待されている。

マンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)からの関心も囁かれているが、どう動くかが楽しみだ。

おすすめの記事