「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18】セリエAで移籍の噂があるDFを分析

2017 6/28 18:44dada
bonucci
このエントリーをはてなブックマークに追加

最後尾の司令塔!レオナルド・ボヌッチ

レオナルド・ボヌッチ選手はユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)とイタリア代表で不動のCBで、空中戦に強いことで有名だ。ヘディングでのシュートも強烈で、ユヴェントスの攻撃のオプションの一つになっている。

さらには前線へのロングフィードが得意で、最後尾からでも前線にスペースを見つけては速く正確なパスを放り込む。EURO2016でもその才能をしっかりと世界にアピールし、チェルシーFC(以下、チェルシー)やマンチェスター・シティFC(以下、シティ)からの強い関心が寄せられている。

チェルシーにはイタリア代表で一緒に戦ったアントニオ・コンテ監督がいるため、一時は本当に移籍してしまうのではないかという緊張感が漂った。ユヴェントスとイタリア代表には、ボヌッチ選手、アンドレア・バルツァッリ選手、ジョルジョ・キエッリーニ選手からなる不動の3バックが存在する。ユヴェントスにとってこの陣形を崩すことは、イタリア屈指の3バックが失われることに繋がるため、一人として流出してはならない。

結果的に2016年12月にボヌッチ選手は、「私の身体はユヴェントスに縫い付けられている」とクラブへの愛を語り、2021年まで契約を延長した。
ただ、プレミアリーグの金満クラブはいざとなれば、どれだけでもボヌッチ選手に大金を積むことができる。彼の去就はこれからも安定しないだろう。

どんな選手もシャットアウト!ジョルジョ・キエッリーニ

ジョルジョ・キエッリーニ選手は、前述のボヌッチ選手と同じユヴェントス・イタリア代表の不動のCBだ。
対人戦に強いだけでなく、相手攻撃陣の動きを読むことができるため、クリーンなディフェンスで攻撃をシャットアウトすることができる。キエッリーニ選手のこの読みの深さが、守備の要となっており彼無しで堅守は成り立たない。

キエッリーニ選手は、元々SBとしてプレーしていたため、1対1のディフェンスだけでなく攻撃参加にも定評がある。ボールを上手くコントロールし、味方に繋ぐことも自身でゴールに迫ることもできる。

キエッリーニ選手もやはり、コンテ監督率いるチェルシーのターゲットとなっている。チェルシーは主将ジョン・テリー選手の退団が決まっており、キエッリーニ選手のようなベテラン選手は絶対欲しいところだ。

ただ、ボヌッチ選手と同じくユヴェントスに深く腰を下ろしているため、獲得はかなり難航しそうだ。

おすすめの記事