「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー界を揺るがした超新星!ポール・ポグバとは

2017 5/17 09:55dada
pogba
このエントリーをはてなブックマークに追加

120億円の男、ポール・ポグバ

ポール・ポグバ選手は、2016−17シーズン夏の移籍市場でユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)からマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)に移籍。この時の移籍金は約120億円とされ、前代未聞の大事件となった。

サッカー界の移籍市場でやり取りされる移籍金や契約金は、年々高騰しつつある。このことにはASローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ選手が「最近の選手は金ばかりだ」との発言をしたことでも話題になった。

そのことを踏まえるとポグバ選手の移籍も、多額の金銭によってもたらされたとみるのも普通だ。
しかし、ポグバ選手のクオリティを考えれば当然ことであり、またユヴェントスでスタメンに定着していることを思えば、他クラブに移籍させるには莫大な移籍金がかかってしかるべきだ。ユヴェントスはセリエAで連覇を続けているし、CLのタイトルだって毎シーズンのように狙っている。

ポグバ選手を引き抜かれることはクラブの大きな損失となるから、「せめて置き土産(多額の移籍金)だけでも置いて行ってくれ」と思うはずだ。

サー・アレックス・ファーガソンの功罪

ユナイテッドにおいて、サー・アレックス・ファーガソン監督の功績は伝説となっている。個性の強い選手たちを束ね、多くのタイトルを獲得し27年間ユナイテッドを指揮し続けた。ファーガソン監督は間違いなく歴史に残る監督だ。

ただ、ポグバ選手はユヴェントス在籍前にはユナイテッドに所属していた。ユナイテッドではトップチームでの出場機会が思うように与えられなかった。しまいには、問題行動を起こすようになりファーガソン監督でさえ手懐けられなかったという。

結局、ユナイテッドはポグバ選手をフリーでユヴェントスに放出。そのため約120円の移籍金による買い戻しを「払い過ぎ」、「フリーで放出したのに馬鹿らしい」と非難する声も噴出した。
さらには、「ファーガソンが放出を認めたのがいけなかったんだ」とする声もあった。

しかし、選手のブレイクや価値の向上というのは、どんな名将でも100%読み切ることは不可能だ。ブレイクのきっかけにしても、ポジションを変えたことや練習メニューを変えたこと、クラブを変えたこと、役職を与えられたこと(キャプテン、副キャプテン等)など、多岐にわたる。 もちろん、何をしたって芽が出ないまま終わっていく選手も存在する。
そんな中、ポグバ選手はクラブを移籍したことで大ブレイクした。ユナイテッド所属時には全くそんな兆候を見せさえしていなかったのに、だ。これはもうどうしようもない。

おすすめの記事