「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

異国で輝くトリコロール!アントワーヌ・グリーズマン

2017 5/17 09:55dada
Antoine Griezmann
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインで輝くフランス人アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマン選手はスペインリーガのアトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)で活躍するFWだ。トップの位置でプレーすることが多いだが、スピードとテクニックがあるため、サイドでの起用や中央に流れてのプレーも可能だ。
かつてはレアル・ソシエダのユースを経験し、18歳でリーガデビュー。初先発で初得点を挙げるなどスタメンを確保し、179試合で49得点と活躍した。 2014−15シーズンからはアトレティコへとステップアップし、最初のシーズンから22得点を挙げ、ここでもチームに欠かせない選手となる。
元々身体が小さかったらしく、いくつもの入団テストに落ちていたグリーズマン選手だが、レアル・ソシエダに加入以降はフィジカルよりもテクニック重視のリーガにフィット。異国の地で世界最高峰の選手の一人に成長した。

パワー×スピード×決定力

グリーズマン選手は「パワー×スピード×決定力」の攻撃に必要な3拍子がしっかりと揃った選手だ。ボールを持ち、前を向いた時のトップスピードには目を見張るものがある。ドリブルコースの見極めが素晴らしく、あっという間にゴール前へ移動。足を振り抜けば重く速いシュートが飛んでいくという怪物のような選手だ。
2016−17シーズンになってからはミドルシュートにも磨きをかけ、19節のアスレティック・ビルバオ戦では距離25m超えの無回転ミドルシュートを披露してくれた。
リーガではFCバルセロナのリオネル・メッシ選手、レアル・マドリードCFのクリスティアーノ・ロナウド選手、そしてアトレティコ・マドリードのアントワーヌ・グリーズマン選手がそれぞれのエースとして君臨している。しかし、アントワーヌ・グリーズマン選手は1991年生まれで前述の2名よりも5歳以上若いだ。まだまだリーガで圧巻のプレーをみせてくれるのではないだろうか。

おすすめの記事