「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

生ける伝説!神の子リオネル・メッシが歩む人生

2017 5/17 09:55dada
Lionel Messi Celebration
このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナと歩み始めた13歳

リオネル・メッシ選手がFCバルセロナ(以下、バルセロナ)に所属したのは13歳の頃のことだった。13歳というと中学1年生。身体もまだまだ成長しておらず、メッシ選手もあどけなさの残る子どもだった。ただ、彼は後に世界を代表するサッカー選手へと成長する。

彼の伝説はアルゼンチンから始まった。
母国アルゼンチンのクラブチーム、ニューウェルズ・オールドボーイズでは、小さいながら他の子どもたちには真似できないようなプレ—を連発。相手選手の間をするすると抜け出せるドリブルスキルを持っていることを見せつけ始める。

メッシ選手は13歳でバルセロナの入団テストを受ける。そして見事合格。彼を見出したとされるカルロス・レシャック氏との逸話では、正式な契約までの間に「紙ナプキンで仮契約を交わしておいた」というものもある。

病との闘い、クラブが支えた成長

メッシ選手の契約がすぐさま正式なものになるまでには、約3ヶ月の時間を要したとされる。これにはメッシ選手が抱えていた病に理由がある。
メッシ選手は「成長ホルモン分泌不全症」にかかっていた。これは身長が伸び悩む病気で、基本的には完治させることはできず成長ホルモンを注射等で投与することで、「少しでも身長を伸びるようにする」といった治療しかできない。

13歳時のメッシ選手の身長は140cmほどで、いくら小柄な選手が多いスペインリーガにおいても、身長の低さを心配する声は少なくなかったようだ。

そこでFCバルセロナはメッシ選手の病気の治療を徹底的にサポート。治療にかかる多額の費用を負担した。 結果メッシ選手は身長170cmにまで成長した。※一部では身長169cmとも。

クラブはメッシ選手に大きな可能性を感じたのだろう。そして、メッシ選手はこの期待に十分に応えている。バルセロナでの人生はメッシ選手の人生の一部だ。バルセロナがあるからこそ、メッシ選手が存在する。メッシ選手が存在するからこそ、今のバルセロナがあると言っても過言ではない。 両者は特別な絆で結ばれているのだ。

おすすめの記事