「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年】リーガ・エスパニョーラの注目選手を徹底解説!

2017 5/17 09:55dada
spain liga
このエントリーをはてなブックマークに追加

灯台下暗し!ルーカス・バスケス

レアル・マドリードCF(以下、マドリー)の両翼には、クリスティアーノ・ロナウド選手とギャレス・ベイル選手という世界最高峰の選手がいます。
彼らの控えには、これまでヘセ・ロドリゲス選手やディ・マリア選手らがいましたが、いずれも退団。彼らの牙城を崩すことは極めて難しいことであり、常にスタメン争いか控えに甘んじる覚悟をしなくてはなりません。 ディ・マリア選手はマドリーでも出番を獲得はしていたものの、世界随一の名門クラブとしての重圧や過密日程に「疲れた」とコメントを残しています。
そんな両翼で地道な活躍を続けているのが、ルーカス・バスケス選手です。バスケス選手はマドリーのユース出身ですが、前述の選手たちに阻まれ出場機会を得られず、レンタル移籍やBチームなどでの経験を積んできました。
2016-17シーズンには、負傷離脱したベイル選手の穴を埋め、豊富な運動量で攻守に貢献しています。左翼のクリスティアーノ・ロナウド選手は守備のタスクを負いませんが、バスケス選手はその真逆。見えないところでいつも走り、献身的な姿勢を貫いています。スター選手ひしめくマドリーのプレーは、バスケス選手のような裏方がいることで支えられています。

壁を破るにはあと一歩!アルバロ・モラタ

マドリーのアルバロ・モラタ選手は、かつてユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)に放出され、その後の功績を買われてマドリーへの買い戻された選手です。ユヴェントスではスピード感のあるドリブルに加え、思い切ったシュートで得点を量産していました。
しかし、マドリー復帰後は調子に乗ることができず、ベンゼマ選手の控えに甘んじています。2016-17シーズン開幕前には多くクラブから関心が寄せられていましたが、古巣への復帰を望んだモラタ選手。名門マドリーでの定位置を確保するには、あと一歩踏み込みたいところですが、出場機会が与えられないなら再度の移籍もあり得るでしょう。彼を欲しがるクラブは今も多いです。

おすすめの記事