「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セリエA最強はビアンコネロ!ユヴェントスFCを徹底解説

2017 5/17 09:55dada
juventus logo
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビアンコネロの誕生と懐かしのピンク

セリエAの強豪ユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)の創設は1897年のことだった。高等学校の生徒によって創設されたクラブは、1923年に地元の自動車会社に買い取られてから本格的に成長を遂げ始めた。

クラブ創設当初は黒とピンクのユニフォームを使用していた。しかし、当時のピンク色は色褪せしやすく、あっという間によくわからない色になる少々拙いものだった。そこで使用する色を黒と白に変更、この配色を「ビアンコネロ(ビアンコネーロ)」と呼び、「イタリアの貴婦人」などと並んでクラブの愛称の一つになっている。

ちなみにピンク色のユニフォームは度々復刻されており、直近だと2011−12シーズンのショッキングピンクに黒の星をあしらった2ndユニフォーム、2015−16シーズンの優しい色合いの2ndユニフォームなどが有名だ。

これらはいずれも賛否両論あり、2011−12の2ndユニフォームは「ユヴェントス史上最も奇抜なデザイン」とも言われた。このユニフォームは2012−13シーズンの3rdユニフォームにも使用されている。

カルチョポリで奪われたスクテッドと史上初の降格

ユヴェントスの歴史において2006年に起こったスキャンダル、「カルチョポリ(カルチョスキャンダル)」には忘れがたいものがある。カルチョポリは、ユヴェントスのかつてのGMであるルチアーノ・モッジ氏によって主導された、審判の買収・脅迫事件だ。

ユヴェントスはこの問題の発覚により、2004−06の2シーズンのタイトル(スクテッド)を剥奪される。さらにはクラブ史上初の降格が決定し2006−07シーズンをセリエBからのスタートが決定した。

チームからは、当時急成長を遂げていたズラタン・イブラヒモヴィッチ選手や、レアル・マドリードCFでも活躍したファビオ・カンナバーロ選手らが流出。GMのモッジ氏は、イタリアサッカー界からの永久追放が確定した。

セリエAで最強を誇っていたユヴェントスの権威は地に堕ち、世界のサッカークラブやファンからは厳しい目が注がれることとなった。

おすすめの記事