「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

栄光と挫折のロッソネロ、ACミラン変革の日々

2017 5/17 09:55dada
ACmilan
このエントリーをはてなブックマークに追加

セリエAの名門、ロッソネロは今……

ACミラン(以下、ミラン)は、セリエAを代表する名門クラブだ。ミランは1899年にミラノ在住のイギリス人らによって創設された。クラブカラーは赤と黒で「ロッソネロ」の愛称で親しまれている。ロッソネロの他には、イタリア語で悪魔を意味する「ディアボロ」などでも呼ばれている。ちなみに「ビアンコネロ」で有名なのは、黒と白のライバルクラブ、ユヴェントスFCだ。
ミランを「ミラノ」というようにイタリア語で呼ばないのは不思議な感じがする。長友選手が所属するインテルは、正式には「インテル・ナツィオナーレミラノ」だからだ。 この背景には前述のイギリス人によって創設されたという歴史が関わっている。その歴史に基づき、英語呼びの「ミラン」がそのまま残ったとされている。
ミランは1990年前後にはセリエAで無類の強さを誇るも、2000年代に入ると安定感を失う。そして2010−11シーズンのタイトル(スクテッド)獲得以降、財政は急激に悪化しクラブは未曽有の不振に陥るようになる。

ベルルスコーニが牛耳ったクラブ

ミランのオーナーは1986年からシルヴィオ・ベルルスコーニ氏になった。彼は実業家と政治家という二つの顔を持ち、後にはイタリアの首相にもなっている。 ミランのオーナーになってからは、多額の資金を投資し有力選手を獲得。クラブの黄金時代を築くのに大いに貢献した。
ただ、ベルルスコーニ氏もすでに80歳を超えている。ミランの財政が急激に悪化したのは、氏のサッカーへの熱意が無くなったとする声や、そもそも「ミランのオーナーになったのは、自分の宣伝のためだった」との声も強まっている。今、再び多額の資金を投じる必要はないというわけだ。
財政が悪化して以降は、フリーでの選手獲得が増えたり、ビッグネームがやってくることが無くなるなど、陣容に面白味が欠けるようになっている。 当然、戦力ダウンとなっているわけだから、CLでの活躍はおろかセリエAで中位よりも少し上あたりの位置を争う程度になってしまった。上位争いはすでに遠い昔のことのような話だ。

おすすめの記事