「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アフリカ最多、3回目のコンフェデレーションズカップに挑むカメルーン

2017 5/1 19:13Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by AGIF/Shutterstock.com

アフリカネイションズカップ2017で5度目の優勝を達成し、コンフェデレーションズカップ2017の出場チームに決まったカメルーン。 カメルーンにとって、コンフェデレーションズカップは決して忘れることのできない大会でもある。

アフリカ最多の3回目の出場

コンフェデレーションズカップの前身となるキング・ファハド・カップから数えて10回目となるコンフェデレーションズカップ2017。
アフリカ大陸連盟代表としては、これまでアフリカネイションズカップ最多優勝を誇るエジプト、アフリカ唯一のワールドカップ開催国である南アフリカと共に、カメルーンはコンフェデレーションズカップに2回出場を果たしていた。2017年1月?2月にガボンで開催されたアフリカネイションズカップ2017の激戦の末、決勝でエジプトを下し5度目となる優勝を飾り、コンフェデレーションズカップにアフリカ最多となる3度目の出場を決めた。

カメルーンにとって決して忘れることのできない大会

カメルーンにとって、コンフェデレーションズカップは大きな悲劇が襲った、決して忘れることのできない大会だ。
その事件が起こったのは、日本も出場した2003年フランス大会。カメルーンはブラジルと同じグループBを首位で突破し、決勝トーナメントへ進出した。決勝トーナメント準決勝でコパ・アメリカ2001にチャンピオンのコロンビアと戦うこととなった。
悲劇が起こったのは、カメルーンが前半立ち上がりに先制して1-0で迎えた72分。センターサークル付近で突然17番をつけたマルク=ヴィヴィアン・フォエ選手が倒れる。
何の接触もなく突然倒れたフォエ選手に対して、レフェリーは試合を止めドクターを招き入れて処置を行うが、残念ながらそのまま帰らぬ人になった。死因は心臓発作だった。
この事故により、コンフェデレーションズカップは4年に1度の開催とし、試合間隔も見直すことになった。

おすすめの記事