「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ポルトガルが世界初タイトルに挑むコンフェデレーションズカップ

2017 5/1 19:13Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marco Iacobucci EPP/Shutterstock.com

UEFA欧州選手権2016では、悲願の主要大会初タイトルを獲得したポルトガル。 さらに、年齢制限のないFIFA主催の主要大会での初タイトル獲得に向けて、初出場となるコンフェデレーションズカップに挑む。

いくつもの壁に跳ね返され続けた歴史を持つポルトガル

1960年代には世界的なストライカーだったエウゼビオ選手を擁し、2000年代にはゴールデンジェネレーションと呼ばれワールドユース2連覇を達成した、ルイス・フィーゴ選手、マヌエル・ルイ・コスタ選手、パウロ・ソウザ選手、フェルナンド・コウト選手らを擁しながらも、ワールドカップでは1966年大会の3位、欧州選手権では自国開催となった2004年大会で準優勝と、どうしても主要大会のタイトルには届かなかったポルトガル代表。
ゴールデンジェネレーションと入れ替わる形で世界最高の選手の1人であるクリスティアーノ・ロナウド選手やデコ選手、リカルド・カルヴァーリョ選手、ナニ選手と、クラブレベルではいくつものタイトルを獲得した選手が活躍し、世界を代表する強豪国の1つとして認められるようになっても、タイトルには届かない。そんな歴史を繰り返していた。

悲願の初優勝、UEFA欧州選手権2016

歴史が変化したのは、UEFA欧州選手権2016からだ。2014年のブラジルワールドカップでグループリーグ敗退と、大会前の下馬評は高くなく、またUEFA欧州選手権2016開幕後もグループリーグは3試合連続引き分けだった。
グループリーグ敗退濃厚だったが、2016大会から参加国が増えてトーナメント進出チームが増えたため、他のグループの結果により何とか3位で決勝トーナメント進出とギリギリの勝ち抜けだった。
しかし、引き分けが続くということは負けないということでもあり、決勝トーナメントでは何とか決勝に進出した。決勝ではエースクリスティアーノ・ロナウド選手が早い時間に負傷交代となるものの、延長の末開催国フランスを下して悲願の初優勝を飾った。
戦った全7試合中、90分間で勝利したのは1試合のみという、異例の勝負強さを発揮しての優勝となった。

おすすめの記事