「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

躍進を見せるチリがコンフェデレーションズカップに挑む

2017 5/1 19:13Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by AGIF/Shutterstock.com

2015年自国開催のコパ・アメリカで初優勝を飾ると、2016年のコパ・アメリカ100周年記念大会センテナリオでブラジル、アルゼンチンなどの強国を下し連覇を果たすなど、その躍進が止まらないチリ。コンフェデレーションズカップではどのような活躍をみせてくれるのだろうか?

中堅国から強豪国へと躍進を遂げたチリ

チリのサッカー協会設立はブラジルより早く、アルゼンチンに次ぐ2番目の1895年とサッカーの歴史がある国だ。
また、コパ・アメリカ、ワールドカップ第1回大会に出場している古豪なのだが、その名が世界にとどろくようになったのは、サッカーが世界的にも大きな市場を持つようになっていった1990年代後半だ。イバン・サモラーノ選手とマルセロ・サラス選手のZaSaコンビがヨーロッパのクラブシーンで活躍をしたのも、この時期だ。
国際舞台では南米の中堅国の1つでしかなかったが、マルセロ・ビエルサ監督の下、2010年南アフリカワールドカップに3大会ぶりに出場を果たすと、その後監督を務めたホルヘ・サンパオリ氏の下でさらに躍進する。
2015年の自国開催となるコパ・アメリカでは悲願の初優勝を達成した。

サンパオリ監督の後を引き継ぐピッツィ監督がコパ・アメリカ連覇を達成

サンパオリ監督が2016年1月に退任し、その後任に就任したのは同じアルゼンチン出身のフアン・アントニオ・ピッツィ監督だった。
ピッツィ監督は現役時代スペインで活躍したフォワードだ。1995-1996シーズンには得点王となり、その後バルセロナでもプレーした。当時のチームにはロナウド選手やフィーゴ選手がいたため、絶対的な存在ではなかったがスーパーサブとして活躍を見せ、スペイン国籍を取得すると1996年の欧州選手権、1998年のワールドカップにスペイン代表として出場している。
ピッツィ氏がチリ代表の監督に就任したのは、前任者が初優勝した直後というプレッシャーのかかる状況だったが、2016年のコパ・アメリカ100周年記念大会センテナリオでそのプレッシャーをはねのけ連覇を達成。監督としての能力を証明することに成功した。

おすすめの記事