「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

コンフェデレーションズカップに出場するアジア王者オーストラリア

2017 5/1 19:13Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by feelphoto/Shutterstock.com

2013年、ブラジルで行われたコンフェデレーションズカップには日本代表が参加したが、2017年アジア代表として参加するのは、ワールドカップ予選で日本代表と同組に入るライバル、オーストラリア代表だ。

悲願のアジアチャンピオン

オーストラリアはコンフェデレーションズカップに過去3回出場しているが、それはいずれもオセアニアサッカー連盟在籍時のものだ。
2006年、アジアサッカー連盟に転籍以降、AFCアジアカップでは常に優勝候補と言われながらも、2007年大会では日本代表の前にPK戦で敗退。2011年大会では決勝に進出するものの、延長戦で李忠成の劇的なボレーシュートが決まり、再び日本代表に敗れた。ワールドカップ予選は勝ち抜いていたものの、アジアチャンピオンには手が届かないでいた。
悲願達成となったのが自国開催となった2015年のAFCアジアカップだ。日本代表が決勝トーナメント1回戦でPK戦の末敗退となったため、今大会では初めて日本代表との対戦がなく、決勝では延長の末韓国を下して初優勝し、コンフェデレーションズカップ出場を決めた。

コンフェデレーションズカップ2017ではグループBに

2016年11月に行われた組合せ抽選会でオーストラリアはグループBに振り分けられた。最後の出場チームが決まるアフリカネイションズカップ2017ではカメルーンが優勝を決め、すべての参加チームが決定した。
オーストラリア代表は、アフリカネイションズカップ2017王者カメルーン、コパ・アメリカ2015王者チリ、FIFAワールドカップ2014王者ドイツと同グループだ。
コンフェデレーションズカップは各大陸連盟の王者が参加することになるため、どちらのグループも厳しい組合せとなるが、このグループBは2017年3月のFIFAランクで参加チーム中上位を占めるドイツとチリが同居するという、その中でも厳しいグループになっている。
決勝トーナメント進出にはグループ2位以上が必要となるため、少なくともドイツかチリのどちらかは上回らなくてはいけない。

おすすめの記事